衝撃動画!のりこえねっと「北のミサイルで尖閣を沈める」前川を擁護する寺脇研の正体も判明


衝撃動画!のりこえねっと「北のミサイルで尖閣を沈める」前川を擁護する寺脇研の正体も判明

のりこえねっとの総会で行われたシンポジウムにおいて、まんが家の石坂啓が「失敗したふりして、北朝鮮のミサイルで島(尖閣)が沈んじゃってもいい」と発言していたことが判明した。

総会は2014年6月11日に開かれ、シンポジウムの司会は辛淑玉共同代表、パネラーは、石坂 啓(まんが家)、寺脇 研(元文部省官僚、京都造形芸術大学教授、コリア国際学園理事)八木啓代(ラテン歌手、作家、エッセイスト、ジャーナリスト)の3名であった。
この中で、元官僚の寺脇研が尖閣の問題を焼肉に例えたところ、それを面白がった辛淑玉が寺脇研と石坂啓に「最後の一切れ(尖閣)残ったらどうします?」と質問した際に、石坂啓から問題の発言が行われた。

1時間38分経過した当たりで問題の発言

また、テレビで前川前事務次官を擁護する寺脇研が、実は民進党とズブズブの関係であったことも判明したので、記事の後半に証拠の画像を貼っておく。

スポンサーリンク

発言部分書き起こし

辛淑玉「領土を焼肉のようにするっておもしろいですね、最後の一切れ(尖閣)残ったらどうします?」

寺脇研「最後のは、今回は俺が食うから次食いに行くときはそっちで、ていうのもあるだろうし、それはたぶん、こども達だったら、半分に切りゃいいじゃん、ていう見方も出てくるんでしょうね」

石坂啓「私はね、ほんとに尖閣、別にはんぶんこすりゃいいじゃんって、ずっと思ってるんですよね。そして、もしくは、まあ北朝鮮のミサイルが本当に、ねえ、やりたいんだったら、ちょっと失敗したふりして、あそこ(尖閣)に行って、島が沈んじゃってもいいんだけどなって思ってるんですけど。こういうのって嫌だよね、流れるとね、あのね」

辛淑玉「(爆笑)」

八木啓代「もう遅いですね」

石坂啓「手遅れですけど・・・」

実際に手遅れですね。

寺脇研・石坂啓と民進党は仲良し

ちなみに、前川喜平前事務次官を気持ち悪いほど擁護してる寺脇研さんですが、この方は元文部科学省の官僚で、あの「ゆとり教育」を推進した張本人です。
この動画の中で、ゆとり教育の真の目的は何か?と尋ねられ・・・

「差別を無くすため!」

と、ドヤ顔で語っております。自分の失敗を「差別」のせいにするって素敵な方だな。明らかに辛淑玉さんを忖度した回答でしょう。
テレビで前川前事務次官を擁護してる姿が不自然でしたが、それもそのはず、寺脇さんって民進党の支持者だったのね。民進党の候補の応援弁士を務め、候補を挟むもう一人は、な!な!なんと石坂啓さんではないですかーーーー!

テレビ各局は、こんな人間に前川前事務次官を擁護させているんですよ。民進党への忖度が過ぎませんか?

関連:辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民進党の塩村文夏が安倍首相の難病を揶揄する批判「お腹壊すのは国民」

【炎上】「バニラエアが車椅子の客を這いずり上がらせた」と報じられるも当たり屋と判明 netgeeknetgeekが障害者差別デマ「高額なギャラ要求、車椅子の人は講演で飯食わない」





最近の記事

  1. 馬淵澄夫元国交相が繰り上げ当選で議員復帰、樽床伸二議員が補選出馬で辞職→当選の場合、自民党入りか?
  2. 共産党活動員から暴行受けた区議に脅しか「即死させても無罪」「実質的に消去」ブログで中核派に呼びかけ
  3. 枝野幸男、辺野古以外の解決策「今後言わない。外交上の問題になる」菅政権で模索←辺野古しかないのね
  4. 共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に言い逃れ指導部が支持
  5. また東京新聞・望月記者が嘘「ハンストの元山さんの質問で長官は笑ってた」←笑われたのは望月記者でした
  6. 立憲・枝野代表、レーダー問題に渋々言及「我が方に理がある」一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す
  7. 維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」
  8. 【続報】落書きで逮捕された男組元メンバー・手塚空、バンクシーを引用しTW「どんどんスプレーを手に」
  9. 【速報】反差別団体「男組」の手塚空・元メンバーを逮捕、黒色スプレーで落書きをした器物損壊容疑
  10. 【日本共産党】公選法違反指摘され活動員が暴行・脅迫か?被害の杉並区議は全治2週間、刑事告訴を検討中



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP