民進党・安井美沙子が被災地への暴言を削除、謝罪もせずブロック逃亡中

SNS

被災地への暴言で炎上した民進党の安井美沙子前参議院議員が問題のツイートを削除し、当サイトのツイッターアカウントをブロックしていることが判明した。
安井美沙子 前参議院議員 @nekoyasui さん Twitterからの返信付きツイート

民進党・安井美沙子が暴言「被災地訪問意味ない」「飯館村村長は総理のお守り」
また、安井美沙子前参議院議員は、削除した理由を問われ「福島を思ってツイートした筈なのに」と言い訳をするだけで、謝罪の言葉は一切なかった。


暴行容疑でも「ざけんじゃないよ!」

この御仁は、民主党政権が生んだモンスター議員である。
民主党の津田弥太郎議員(当時)が2015年の安保法制採決時に、自民党の大沼みずほ議員に暴行を加えた事件を追及させないために、自分は委員会室前で自民党の佐藤正久議員から暴行を受けたとツイッターで騒ぎたて、津田弥太郎を不問に付す取引に持ち込んだ人物だ。

さらに、今年の3月には街宣中に一般男性とトラブルになり、相手の男性が転倒し救急車が出動する騒ぎとなっている。この一件で、安井美沙子前参議院議員は愛知県警の事情聴取を受けている。
参考:民進党・安井美沙子が暴行罪で事情聴取される 男性転倒で救急車出動

この事情聴取の直後にも、
「勝手に転がって暴行罪だって?ざけんじゃないよ!!」
と、とんでもない暴言を投稿している。

今夕は一宮東口で街頭活動をしてたのですが、ある市民に言いがかりをつけられ、警察沙汰となってしまいました。初めて一宮警察署で聞き取り調査をされ今まで掛かりました。至近距離で「お前がお前が」と怒鳴られ指差されながらも丁寧に答え続けたのに、勝手に転がって暴行罪だって?ざけんじゃないよ‼️

安井 美沙子さんの投稿 2017年3月16日

このような人間が、時期衆院選で参議院から鞍替えして出馬するほど民進党は人材が枯渇しているのだ。いくら候補者が足らないからと言って、自身の不祥事を報じるメディアはブロックし、謝罪もしない人間を選挙に出してよいものなのか。
そもそも、次期衆院選が行われる時点で民進党が存在しているかどうか・・・

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で