外来生物

  1. テナガコガネ飼育で逮捕、9人から計174匹を押収

    虫の標本 テナガコガネ C.parryi特定外来生物に指定され、国内での飼養や所持、運搬や売…

  2. テナガコガネ密輸販売で逮捕者、芋ずる式検挙は相次ぐか?

    画像:名和昆虫博物館企画・制作 ヤンソニーテナガコガネの雌雄セット標本※標本に関してはヤンバ…

  3. ゴケグモ属全種が特定外来生物に指定される

    写真:セアカゴケグモ(環境省HPより)21日、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防…

  4. 昆虫密輸や規制昆虫飼育をカッケーと思ってる人達

    昆虫飼育・販売で摘発される事案が相次いでいる。5月にはゴライアスオオツノハナムグリを密輸した…

  5. テナガコガネ飼育で初の逮捕者、他の飼育者も晒しておく。

    写真:虫の標本 テナガコガネ C.parryi(外国産標本は合法です)もう何年も前から言…

  6. 【昆虫密輸】ゴライアスオオツノハナムグリを密輸した男を書類送検

    平成27年5月1日、北海道警察札幌方面北警察署は植物防疫法違反の疑いで、札幌市北区の調理師の男(48…

  7. 【昆虫類】ツマアカスズメバチが特定外来生物に指定される

    西日本新聞の報道によると、政府は9日ツマアカスズメバチ Vespa velutina を特定外来生物…

  8. 【速報】第8回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類)議事次第が公開されました

    ※2014年12月9日、環境省HPより当該会合の記録が削除されました。詳細は不明主な議事は「…

  9. 追記【糸島でアトラスオオカブト捕獲】の新聞記事に決定的な誤りが・・・

    ※2014/10/02 「アトラスと国産カブトでは卵が孵化しない」の章を追加カブトムシ? ク…

  10. 【速報】第8回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類)開催

    環境省 報道発表資料平成26年9月22日第8回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類…

  11. 密輸昆虫を買うと逮捕される

    ハナムグリを中心とした昆虫密輸、これらは半ば公然と取引されている。無論密輸した本人は摘発の対象と…

  12. トキは絶滅している

    「トキ」Nipponia nippon (Temminck, 1835)は絶滅している。マスコミ…

  13. 昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?

    相も変わらず昆虫密輸は横行しているようだ。2009年10月30日以降、段階的に外国産ハナムグ…

  14. 外国産ハナムグリにまつわるデマ

    外国産ハナムグリ解禁と言うデマは止まらないようだ。ブンブンフォーラムというサイトが立ち上がってい…

  15. 外来生物法とザリガニとクワガタと・・・

    今回は以下のニュースを元に、外来生物法とザリガニの関係、外国産クワガタムシとの扱いの違いについて…

  16. 自然交配、移入、絶滅は悪ではない

    世界初、サメの自然交配種を発見、気候変動に適応か 豪州沖(CNN.co.jp) - Y!ニュース…

  17. 外国産ハナムグリが外来生物法を動かす?

    2011年11月「外国産ハナムグリ解禁」という中途半端なデマゴギー。これは外国産ハナムグリが…

  18. 逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

    中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト …

PAGE TOP