カブトムシ


Wikis > 昆虫wiki > カブトムシ > カブトムシ
種の概要|形態・外観的特徴|分布|生態|飼育方法|ブリード方法|その他|参考文献・サイト

種の概要


学名:Trypoxylus dichotomus septentrionalis Kono, 1931
和名:カブトムシ ヤマトカブトムシ

カブトムシ関連動画

形態・外観的特徴


野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm
飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm

分布


本州・四国・九州・壱岐・対馬・五島列島・平戸島・種子島・口永良部島・屋久島・奄美大島・沖縄本島・北海道・朝鮮半島・済州島・中国大陸
(沖縄本島及び北海道に生息する個体は人為的な移入と思われる)

生態


飼育方法


ブリード方法


その他


◆カブトムシにスイカをあげると下痢になる?
なりません。
変温動物であるカブトムシやクワガタムシの成虫は汗や尿で体温を調節できませんので、分泌や排泄で体温等をコントロールしていません。
同じ変温動物でも固形の餌を摂取する爬虫類や両生類と違い、摂取できる餌は樹液等の液体を毛細管で吸い上げるのみで、常に液状の排泄をし糞と尿の区別はないので当然、固形の糞をしません。
これを「下痢をしている」と誤認、さらにカブトムシが元から短命であることが相まって俗説となっているのでしょう。
この俗説を信じている人は多く、Yahoo知恵袋などではベストアンサーとなることもある。
スイカに含まれる水分量と栄養価のバランスなどを考えた場合、昆虫ゼリーに劣るというのは事実かもしれないし、それが寿命に影響していることも否定はできない。
それでも「下痢をする」というのは誤りです。
自然下でカブトムシの主食とされる樹液に全ての個体がありつけるわけではありません。 実際にスイカや果実に食いつく事も珍しくはないのです。

参考文献・サイト


【引用前に必ず確認してください】

ツヤカブトムシ

オキナワカブトムシ





最近の記事

  1. 後藤田正純議員、FBの画像流出で危機感「閲覧許可してないものまで流出となるとこれは大変なことに!」
  2. 【立憲民主党】韓国徴用工判決に反発した候補の公認を取り消し 嫌韓ヘイトとの批判を受け本人が辞退か?
  3. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  4. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  5. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  6. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  7. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  8. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  9. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  10. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP