レギウスオオツヤクワガタ

Revision for “レギウスオオツヤクワガタ" created on 2013年8月19日 13:34:58

タイトル
レギウスオオツヤクワガタ
コンテンツ
<table><tr><td><font size=-1><a href="#a">種の概要</a>|<a href="#b">形態・外観的特徴</a>|<a href="#c">分布</a>|<a href="#d">生態</a>|<a href="#e">飼育方法</a>|<a href="#f">ブリード方法</a>|<a href="#g">その他</a>|<a href="#h">参考文献・サイト</a></td></tr></table> <h3 id="a">種の概要<hr></h3> 学名:<em>Mesotopus tarandus</em> Swederus, 1787 和名:レギウスオオツヤクワガタ 学術的にはMesotopus tarandusと同一種である。 植物防疫所データベースでは「Mesotopus regius」が登録されており備考欄に「Mesotopus tarandusの亜種」と記載されているが、種小名をregiusとしながらtarandusの亜種と表記するのは、学術的な根拠はなく誤りである。 しかしこれらの誤りが、輸入時から「タランドゥス」「レギウス」が区別され、流通・飼育などにおいても品種分けが行われている事を表しているとも言える。 野生下において外観的特徴・形態などで区別できるものの、生殖的に隔離がされていない「品種(form)」としては扱えるため学名表記の際はレギウスタイプを<em>Mesotopus tarandus f.regius</em>と表記するのが妥当である。 ※タランドゥスとレギウスの交雑を避けるための便宜上の呼称であり正式な学名ではない。 <h3 id="b">形態・外観的特徴<hr></h3> 野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm 飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm <h3 id="c">分布<hr></h3> <h3 id="d">生態<hr></h3> <h3 id="e">飼育方法<hr></h3> <h3 id="f">ブリード方法<hr></h3> <h3 id="g">その他<hr></h3> <h3 id="h">参考文献・サイト<hr></h3> <a href="http://blog.livedoor.jp/rui_kuma/archives/53890123.html" title="夏のレプリカ「タランドゥスとレギウスについて。」" target="_blank">夏のレプリカ「タランドゥスとレギウスについて。」</a>
抜粋


OldNewDate CreatedAuthorActions
2013年8月19日 13:34:58 ksl-live!

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう




Posted by ksl-live!