兵頭正俊の炎上商法発覚「安倍政権下で日馬富士がビール瓶で殴った」意味不明→「続きは有料メルマガで」


兵頭正俊の炎上商法発覚「安倍政権下で日馬富士がビール瓶で殴った」意味不明→「続きは有料メルマガで」1

作家なのかジャーナリストなのか、よくわからないひと兵頭正俊先生がお怒りです。
横綱・日馬富士が貴の岩の頭をビール瓶で殴った問題は、安倍政権のせいであると力説している。

兵頭御大「横綱の日馬富士の傷害事件。これは横綱の権威を汚したとか、進退の問題ではない。態度が気にくわないとビール瓶で頭を殴り、さらに素手で30発、マイクに灰皿でも殴り続け、骨折・入院させた傷害事件である。6週間の診断。横綱を辞めたら一件落着ではない。安倍政権下で無法者が増えている。


全く意味不明で、なぜ安倍政権批判につながるのか?と大炎上しているが、どうやらこれは有料メルマガへ誘導する炎上商法だったようです。

スポンサーリンク

続きはメルマガで・・・炎上商法

それでは兵頭正俊御大が有料メルマガに誘導するまでの軌跡をご覧ください。

・先のツイートの炎上では飽き足らず、唐突に山口敬之氏の名前を出し火を油を注ぐ。準備万端。
「日馬富士の傷害事件。動物的な衝動で自制がきかないということでは小僧寿司のレイプ山口敬之に似ている。獲物は血祭りにあげられるのだ。スマホが鳴ったのは貴ノ岩のせいではない。貴乃花親方は、示談に応じない方がいい。角界の暴力体質を改めるいい機会だ。法的に対応した方がいい。」

・誰も日馬富士を庇っていないのに「バカ右翼」を連発、顧客ターゲットの設定完了。
バカ右翼は、安倍政権下で国家・国政が私物化され、とりわけ司法が私物化され、一部の者が無法を謳歌している現実さえ知らない。暴力と無法に不感症になり、そこで日馬富士を庇う姿勢を見せるのだ。モンゴルでも日馬富士は批判されているよ。バカ右翼。

・メルマガへの誘導が始まる。右翼はツイッターしか読んでないから兵頭御大の発言の意図が理解できないと言い出す。
私のツイートは右翼もよく読んでいて、それは嬉しい。わたしのツイートは基本的に、私のメルマガも読んでくれているフォロワー向けて書いている。140字の制限のなかで、監視に夢中な右翼にはわかないだろうが、私は何百もの状況論を書いていて、安倍政権の無法は自明なのだ。

・ダメ押し。長い数百の状況論は「メルマガ」に書いてあるらしい。
いいか、バカ右翼。文学も思想も、批判するときは全体を見なければならない。ツイートの揚げ足取りなど惨めになるだけだ。私は、長い数百の状況論を書いている。そのどれかを読んで批判してこい。ちなみに私は左翼ではない。きみたちの小さな頭ではとても理解できまいが。

プロフから有料メルマガに登録すれば、超絶難解なツイートの謎が解けるのですね。
兵頭正俊の炎上商法発覚「安倍政権下で日馬富士がビール瓶で殴った」意味不明→「続きは有料メルマガで」

兵頭さん、年金が少ないのですか?

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

辞任した小池百合子の悪口早速、松沢「期待したが残念もう頼らない」負けた大串「代表の決め方おかしい」辞任した小池百合子の悪口早速、松沢「期待したが残念もう頼らない」負けた大串「代表の決め方おかしい」

差別?暴言「韓国人留学生を全員生き埋めに」モリカケ追及団体代表が今治獣医学部の留学生受け入れを揶揄モリカケ追及団体代表「韓国人留学生を全員生き埋めに」加計学園の韓国人受け入れをヘイトスピーチで批判





最近の記事

  1. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  2. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  3. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  4. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  5. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  6. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  7. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ
  8. 足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」
  9. 暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒
  10. 北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP