証拠写真!中国と関係あり?60億円詐欺で逮捕の元夫婦、中国華池県レーニン学校に寄付や放射能ビジネス


健康食品販売会社の社長らが、高齢者に投資を持ち掛け1億8千万円を騙し取ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の容疑で警視庁に逮捕された事件。有名な歌手らを広告塔に使い、1口100万円で出資を募り被害総額は総額60億円に上ると見られている。
この事件で逮捕された東京・品川区の健康食品販売会社「ロイヤルフーズ」の社長、原田一弥容疑者(63)の過去をネットで調べると、興味深い写真が出てきた。
【証拠写真】60億円詐欺で逮捕された一味、中国「レーニン学校」に寄付?放射能不安ビジネスでも逮捕 (2)
出典:日本爱福株式会社、中国光华科技基金会向华池县列宁学校捐赠总价值达20余万元物资-庆阳教育信息网
これは2010年に中国で撮影されたものと思われ、他の写真には「ロイヤルフーズ」の社名も確認できる。掲載サイトは中国語で意味はよく分からないが、20万元(現在のレートで340万円ほど)を寄付した際の式典のようだ。本文と写真には「华池县列宁学校」とあり、これを翻訳にかけてみると「華池県レーニン学校」となる。レーニンとは、あのマルクス・レーニン主義の「レーニン」のことだ。これは原田一弥容疑者が2010年に中国華池県レーニン学校に寄付をしているということだろうか?
華池県レーニン学校に関する情報 华池县列宁学校_百度百科
容疑者と中国の関係性までは不明だが、この写真が取られた半年後の2011年5月には薬事法違反で逮捕されていたことも判明している。

スポンサーリンク

放射能不安ビジネスでも逮捕

この事件で逮捕された一味は、2011年に「ヨウ素が内部被ばくを抑制する」と広告で謳い、未承認の医薬品を販売したとして薬事法違反(医薬品の無許可販売など)容疑で逮捕されている。
健康食品会社代表ら逮捕へ 60億円違法に集金か:日本経済新聞
日経では今回の事件と同時に、以下のように報じられている。

 同社は08年5月、安値をうたって集めた客に高額な健康食品などを売り付けたとして、東京都から特定商取引法違反で3カ月間の業務停止命令を受けた。11年5月に未承認医薬品を販売したとして代表らが警視庁に薬事法違反容疑で逮捕されたことなどから資金繰りが悪化。元本の払い戻しや配当ができない状態に陥ったという。
健康食品会社代表ら逮捕へ 60億円違法に集金か:日本経済新聞

この2011年5月の薬事法違反容疑では、専務で妻の原田朝子容疑者(62歳)も逮捕されている。
参考:再犯(1)|健康に、楽しく、食って、遊んで、寝て~プリンちゃんのGo! Go! Cooking
原田朝子とは今回の事件で逮捕されたうちの一人、元妻の小野寺朝子容疑者(68)のことである。2011年の事件以降に離婚をしているということか。よく「詐欺師は一生詐欺師」と言われるが、この連中も人を騙すことに対する罪悪感が欠如しており、このような犯罪を繰り返すのだろう。

それにしても、この一味と中国・レーニン学校の関係性が気になる。60億円もの投資詐欺と何か関係があるのだろうか?

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

差別?暴言「韓国人留学生を全員生き埋めに」モリカケ追及団体代表が今治獣医学部の留学生受け入れを揶揄モリカケ追及団体代表「韓国人留学生を全員生き埋めに」加計学園の韓国人受け入れをヘイトスピーチで批判

福島瑞穂からのクイズ「国会前の朝鮮半島で戦争をするなの集会での挨拶です」正解者が出るとは思えない福島瑞穂のクイズ「国会前の朝鮮半島で戦争をするなの集会での挨拶です」ちょっと何言ってるか分からない





最近の記事

  1. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  2. NHKプロデューサーを逮捕!路上で強制わいせつの疑い、炎上した番組「AIに聞いてみた」開発チーム責任者
  3. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  4. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  5. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  6. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  7. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  8. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  9. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  10. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP