三橋貴明のDV逮捕を「ヘイトクライム」にしたい米山新潟県知事と陰謀論を語る人々


三橋貴明のDV逮捕を「ヘイトクライム」にしたい米山新潟県知事と陰謀論を語る人々

経済評論家の三橋貴明氏が10代の妻へのDVで逮捕され、8日に釈放された。
ネットでは大変な話題となり様々な反応が見られたが、その中でもトップレベルでアホ臭い反応を示したのが新潟県の米山隆一県知事だ。彼曰く、「理屈を超えて他国をあげつらう人の矛先が、ある時、身近な人や、我々他人に向けられない保証などどこにもない」と、三橋貴明氏が日頃から韓国に批判的であったことを理由に、その矛先が妻に向けられたというのだ。
まるで「ヘイトクライム」とでも言いたげだ。


スポンサーリンク

被害者置き去りの陰謀論

分かりきった話ではあるが、今回の三橋貴明氏の逮捕は夫婦喧嘩によるDVであってヘイトクライムではない。9月と11月にも警察に通報され警告を受けていたこともあり、DV被害として深刻に受け止めなければならない事案だ。これを安易に政治思想などと結び付けることは大変危険なことで、本来のDVの原因から目を逸らしてしまう事にもなる。

この件を巡っては様々な陰謀論などが囁かれ、三橋貴明氏が昨年の12月13日にブログで「近い将来、わたくしに何らかの「スキャンダル」が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう。」と予告していたことも話題になっている。
多分に漏れず、米山隆一県知事の投稿にもそのようなコメントがぶら下がっている。


2017年12月13日のブログ|三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

三橋貴明のDV逮捕を「ヘイトクライム」にしたい米山新潟県知事と陰謀論を語る人々

三橋貴明氏のブログ12月13日

しかし、これは典型的な陰謀論であり、三橋貴明氏本人も釈放後(被害届取り下げ)に暴行の事実を認めて反省の弁を同ブログで述べている。政権の陰謀で夫婦喧嘩など起きないし平手打ちもしない。ある意味で逮捕は当然で三橋貴明氏の自業自得でもある。これを「ハニトラ」などと被害を受けた妻を中傷する投稿もSNSで目立つが、荒唐無稽で根拠は何もない。
一方で、三橋貴明氏は報道の過熱ぶりに関して「腑に落ちない」としているが、警察からマスコミへのリークなど日常茶飯事で著名人が早朝に逮捕され当日の昼過ぎまで情報が流れなかったことは、むしろ「遅い」ほうだろう。移送や釈放の日時もことごとくリークされ、聴取を受けて疲弊した姿をマスコミに晒すのは最早定番となっている。
無論、これが良い事とは言えないが・・・

いずれにしても、これを「政権の陰謀だ」「ヘイトクラムだ」と騒ぐことはDVに苦しむ被害者を置き去りにするだけ。少なくとも公人である米山隆一県知事は、この件を受けて考えるべきは「DV」であって、政治的な対立軸への批判ではない。

関連:米山新潟県知事が脅迫被害を訴える「新潟のものは買わないと脅迫された」→無理あり過ぎて削除逃亡

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

TBSが自らの道交法違反を放送!「中国人が禁止場所で車線を変更」→ロケ車も車線変更!放送免許も返せTBSが自らの道交法違反を放送!「中国人が禁止場所で車線を変更」→ロケ車も車線変更!放送免許も返せ

田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素晴らしい憲法を作ろうと尽力しない」田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素晴らしい憲法を作ろうと尽力しない」





最近の記事

  1. 後藤田正純議員、FBの画像流出で危機感「閲覧許可してないものまで流出となるとこれは大変なことに!」
  2. 【立憲民主党】韓国徴用工判決に反発した候補の公認を取り消し 嫌韓ヘイトとの批判を受け本人が辞退か?
  3. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  4. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  5. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  6. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  7. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  8. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  9. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  10. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP