野田佳彦の国会質問に元同僚議員が激怒「負け犬の遠吠え、どのような神経で出てくる、政界のババ扱い」

政治・社会

野田佳彦の国会質問に元同僚議員が激怒「負け犬の遠吠え、どのような神経で出てくる、政界のババ扱い」

 30日の衆議院本会議で代表質問に立った野田佳彦前総理に対し、元同僚議員が「負け犬の遠吠え」「どのような神経でこのような場に出てくるのだろうか」「政権の"ババ"」と厳しく非難している。
続きはnoteで読めます

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう