地元の情報が集まる「ジモネタ」は地方ブロガーの救世主になる?


ジモネタバナー
最近『ジモネタ』というニュースアプリからのアクセス流入が増えている。
この『ジモネタ』というアプリは、市町村単位でのニュース記事だけでなく、掲示板やブログからも地元ネタを収集し地域ごとに閲覧できるアプリのようだ。

このアプリ、昨年あたりに少し話題になっていたが、ここにきて利用者数が増加したのか、このサイトで特定地域に関する記事を書くと自動的に捕捉され、それなりのアクセスが確認できるようになった。
例えば先日の記事「長崎平和式典で「改憲反対」と叫んだ男が警察に連行される」には、長崎というキーワードが地元ネタとして捕捉されたようで、アクセス流入元としてはSNSでの拡散並みに訪問者が増えていた。

これは地方ブロガーにとって、救世主的な存在になるかも知れない。
そして地方で営業する店舗ブログなども「地名」を入れた記事を書けば、セールやおススメ商品のPRができそうだ。

スポンサーリンク

『ジモネタ』の利用方法は簡単

利用方法は至って簡単だ。
App StoreGoogle prayからダウンロードして「位置情報を利用する」を選択するだけで、自動的に現在地の情報が一覧表示される。
その他、気になる地域を登録して現在地以外の情報も取得できるので、旅行や出張先のニュースやブログ記事も確認できる。
例えば「長崎県長崎市」の最新情報はこんな感じ・・・
ジモネタ長崎県長崎市
当サイトKSL-Live!の記事が掲載されています。

個人的にこのアプリは利用頻度高くなりそうです。
メジャーなニュースアプリは地方のニュースや記事をほとんど紹介してくれないし、個人ブログの掲載率が低く面白みに欠けると思っていたので助かります。
地方ブロガーのローカル情報にも注目が集まるので、収益アップが望めそう。
マーケティング的にも、地域ターゲットがダイレクトなので、効果は高い。

このアプリ、かなりおススメです。

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

長崎平和式典で「改憲反対」と叫んだ男が警察に連行される

高校野球の女子マネ参加、高野連の「反対」を朝日新聞は糾弾せよ!





最近の記事

  1. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  2. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  3. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  4. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  5. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  6. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」
  7. 立川談四楼、デマで政権叩き「安倍さんは5年半も福島に行ってなかった」今回で18回目の福島訪問でした
  8. 共産党選挙カー無賃駐車問題で地区委員会「そのような事実はない」→投稿者が反論「問い詰められ認めた」
  9. 橋下徹氏「これはアウト」竹山修身選手(堺市長)が1億アップの2億3千万円で更改「恥ずべきとこない」
  10. 反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP