那覇水道局のオスプレイ反対バッジ、翁長市長(現知事)時代から


翁長雄志知事
写真:翁長雄志知事HPより

公務員である那覇市の上下水道局の職員が職務中に「オスプレイ反対」のバッジを付け、政治的な主張を行う活動をしていたことが話題になっている。

しかし、これは今に始まったことではない。
実はこのバッジ、2012年に翁長雄志市長(現沖縄県知事)時代に制作され配布されたものだ。
asahi.com(朝日新聞社):オスプレイにレッドカード 9日、県民集会へ沖縄一丸 – 普天間移設の行方

翁長雄志知事は2000年から4期に渡り那覇市長を務めており、このオスプレイ反対バッジと赤いリボンは2012年9月9日に開かれた「オスプレイの配備に反対する沖縄県民大会」に向けて職員らが制作し配布したものだ。当時の翁長雄志市長も街頭で配布をしていた。

スポンサーリンク

公務員の政治活動は禁止されている

公務員の政治活動については人事院規則により禁止されている。
デモなどに参加すること自体は禁止されておらず、組合員への政治的主張等は許容範囲とされている。しかし、今回問題となっている「バッジ」は公務中に政治的意思を示すものを配布し着用しているので、禁止されている政治活動である可能性が高い。

このバッジが制作された際は仲井真弘多知事であったが、2012年9月9日の「オスプレイの配備に反対する沖縄県民大会」には参加せず、メッセージをおくるだけに留めている。対して当時那覇市長であった翁長雄志現沖縄知事は積極的にリボンの配布に参加し、那覇市職員がオスプレイ反対の政治活動をすることを奨励していたともとれる振る舞いだ。

このように、那覇市職員(公務員)による政治活動が、堂々と4年以上も継続されていることは異常な事態である。公平であるはずの市職員が職務中に特定政党の主張を支援することは許されない。
那覇市は基地賛成、オスプレイ配備賛成の市民をどう扱うのか?その人たちが困って市を訪ねてきても赤いリボンとバッジを誇示するつもりなのか?
自分たちの政治的主張に賛同しない市民は見捨ててしまうのだろうか?

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民進党公認ゆるキャラはマイメロのパクリで決定?他案は喪黒福造?

成宮寛貴の友人A氏ブログ開設も広告だらけ、IDはtadamaru




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 立民・打越さく良議員「なぜ男性議員がこれほど必要かを論証して」←これは機会均等ではなく男性蔑視では?
  2. 小西ひろゆきチャレンジ!一般人が訴訟予告されたツイートを吉田康一郎区議らが再投稿「一般人を訴えて市議を訴えないのか」
  3. 京アニ放火殺人模倣か?日本会議北海道に殺害予告「焼却処分にする」アイヌ問題で講演の小野寺まさる氏ら名指し
  4. 朝日新聞の見出しに批判殺到「多国籍ジャパン 先発8人が外国出身」ラグビー日本代表外国出身選手を揶揄
  5. 河野太郎大臣「沖縄県の協力あれば辺野古移設のコスト下げられる」→沖縄タイムス阿部岳記者「強盗ガー!」
  6. 足立康史議員「フラフラなのは辻元さん。外国人献金や連帯ユニオンの問題が効いていて、酷くおとなしい」
  7. 風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪
  8. 単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる
  9. 東京新聞・望月記者「輸出管理強化で韓国からの訪日客が減った」菅長官「逆に中国から11%も伸びてるので問題なし」
  10. 野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP