5歳児焼死事故の東京デザインウィークが活動再開、調査継続中のまま


再開された東京デザインウィーク
写真:東京デザインウィークホームページ

東京デザインウィークが活動を再開している。
http://tokyodesignweek.jp/
ブラウザによっては「謝罪文」へリダイレクトされるが、ホームをクリックすると事故以前の華やかなサイトが表示される。
以前の川崎健司代表の謝罪文は新たに21日に書き換えられ、それとは別に学校作品展実行委員長の田淵諭氏の謝罪文ページが追加されている。だが、そのページには同日付で「TOKYO DESIGN WEEK 2017 開催中止のお知らせ」という無神経な告知がなされている。また開催するつもりだったのか?

スポンサーリンク

調査未完で再発防止はありえない

2016年11月6日、展示物のジャングルジムが出火し中で遊んでいた5歳児が焼死した事故は未だに消防と警察の調査が行われている。
目の前で息子を失った父親の感情を逆なでするように「忘年会」を企画するなど、その無神経さが批判されていたが、この人達に人の心はあるのか?どうして、このタイミングで活動を再開できるのか?

東京デザインウィーク代表、川崎健司氏の新たな謝罪文は以前のものと何が変更されたかも解らない簡素なものだ。なぜ日付を2017年2月21日に改めたのか?
TOKYO DESIGN WEEK 2016における事故について

再開にあたって学校作品展実行委員長の田淵諭氏の謝罪文が追加されているが、このページが実に無神経な構成だ。
TOKYO DESIGN WEEK 2017開催について

ページタイトルが「TOKYO DESIGN WEEK 2017開催について」となっており、実行委員長田淵氏の謝罪文より優先され、川崎健司代表が開催の中止を告知している。

ホームページでは「世界のデザインニュース」として華やかなデザイン関連のニュースが配信されている。また、「TOKYO DESIGN WEEKの歴史」というページでは死亡事故が起きた2016年開催分が「2016 テーマ:TOKYO 30以上のコンテンツが集結。自然との共生をテーマにした新たなAirTent展が誕生し、Creative Life展、コンテナ展、プロ展、写楽展、建築模型展、100人展やミュージックイベントを展開。」と、何もなかったように掲載されている。

未だに消防や警察は事故の調査中で、東京デザインウィークは協力中の身だ。調査中であるにもかかわらず再発防止もなにもないだろう。東京デザインウィークは調査協力に全精力を傾け、調査終了後は解散するのが筋ではないだろうか?
5歳児の命を惨たらしく奪っておいて「次は気お付けます」では済まされない。

事故発生直後に消された理事一覧を掲載しておく。ここに掲載されていた理事たちは調査に協力しているのか?
design-association-npo理事一覧

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暴言!社民党「安倍家も人格破綻したクズ」増山麗奈がヘイトを投稿

有田芳生公式HP有田芳生がデマ「安倍首相が平成24年森友学園で講演」それ民主党政権時代なんですが?




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 共産党に大ブーメラン!麻生大臣を「ブタ」で擬人化するマンガを公開→批判受け削除、自民党の冊子より悪質な内容
  2. 【改憲・広島代理戦争】鈴木宗男の街宣中に自民・河井あんりがバッタリ!ムネオ節で「河井支持」呼び掛け改憲勢力が結集
  3. ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
  4. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  5. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  6. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  7. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  8. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請
  9. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  10. 女性候補は容姿で選ぶ?立憲・福山哲郎幹事長「自民公明維新みんな男、誰が誰だか分からない」←性差別発言では?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP