【閲覧注意!】蓮舫の夫、猫を粗末に扱った「呪い」で左目がー!?

SNS

蓮舫の夫、村田信之飼い猫の呪い

先日、当サイトが報じ話題となった「疑惑写真!蓮舫の猫、右眼がただれてる?ケア不足で失明もあり得る」という記事。これについては蓮舫議員がなにも釈明しておらず、詳細は不明のままだ。

しかし、気になる事案が発生している。
蓮舫議員の夫である村田信之氏が、左目に眼帯をした姿をフェイスブックに投稿しているのだ。粗末に扱われた蓮舫議員の飼い猫が、生きながらにして【呪い】をかけたのだろうか?

眼帯なう

村田 信之さんの投稿 2017年5月8日

ペット以下の扱いが原因か?

村田信之氏の投稿には「眼帯なう」と記述されているだけで、場所が東邦大学大橋病院であることしか解っていない。
村田信之氏東邦大学大橋病院

関係者や知人から「どうしたの?」と心配の声が寄せられているが、村田信之氏は一切回答をせず、怪我か病気かも明かしていない。
やはり、これは飼い猫の【呪い】か?
蓮舫の猫、右眼

参考:疑惑写真!蓮舫の猫、右眼がただれてる?ケア不足で失明もあり得る

以前、蓮舫議員が娘とともにTBSの番組に出演した際、夫である村田信之氏の家庭内順位がペットよりもはるかに低いというジェスチャーをし、物議を醸している。
飼い猫のケアが非常に悪いことを考えると、それより地位の低い村田信之氏は劣悪な環境で過ごしていて、左目に何らかの問題が生じたのだろうか?

2日後の投稿ではすでに眼帯はなく、外観上も問題はなさそうだ。
村田信之フェイスブック

負傷しているような様子はないので、殴られたりしたわけではないようだ。

やはり飼い猫の【呪い】か・・・

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で