ヤラセ?民進党の池田真紀がTBS「生活保護不正受給」番組に一般人として出演


池田真紀TBSに生活保護元受給者として出演

TBS系列で6日放送された「好きか嫌いか言う時間」の放送内容が貧困バッシングだとして、共産党シンパの民青同盟北海道の同盟員らが抗議のデモを行った。
しかし、この番組には共産党も野党共闘で支援した民進党の池田真紀が「元受給者・元福祉課窓口担当」として出演している。番組内では彼女が民進党の公認候補で現在も政治活動を行っていることには一切触れられていない。
民進党池田真紀が一般人としてTBSに出演

デモを行ったグループは、自分たちが選挙応援した池田真紀の出演には一切触れず、ありもしない「貧困バッシング」をでっち上げてデモを行っていたのだ。

スポンサーリンク

不自然な批判とデモ計画

そもそも池田真紀が出演していたことに一切触れず、番組放送直後には翌日のデモが発表されている。放送前から計画されていたと疑われても仕方がないタイミングだ。

池田真紀と民生同盟北海道は、昨年の春に北海道五区補選で野党共闘している。池田真紀が事前にも事後にも番組出演について一切言及していないのも不自然だが、民生同盟北海道の同盟員が番組を本当に見ていたら必ず気が付いたはずだ。
民青五寸釘ほなみが辻元清美とツーショット

そもそも、同番組には宇都宮健児弁護士も出演し生活保護を受ける困窮者側の現状などが伝えられ、偏見や差別ととれるような番組内容ではなかった。それが何故か、自民党の片山さつき議員の出演だけがバッシングの対象になっている。番組内で片山さつき議員は宇都宮健児弁護士とともに、生活保護の申請対応を厳しくすることに反対するなど、生活保護の重要性を訴えていたのに。

また、フリーライターが生活保護を受けていることに対し中国人出演者が「働けよ!」と罵倒し、司会の坂上忍氏が「不正受給だよね?」と問いかけたことが批判の的になっているが、このライターは健康で仕事もできるがライターとしての収入がないので生活保護を受けている。フリーライターが別の仕事をしながら取材執筆をするのは珍しくないが、ハリーポッターの原作者も生活保護を受けていたという極論で擁護する始末。

しかし、フリーライター本人がこの擁護の仕方を批判している。
※ツイッターアカウントが削除されたためリンク削除

本人著書

もう、とにかく抗議デモがしたくて仕方がなかったということだろう。
しかし、民進党の池田真紀の出演には一切触れず、番組内容も批判されるようなもので無かった事からか、抗議行動の参加者は少なく閑散としていたようだ。そもそもHBCは北海道ローカルのネット局で番組とは関係ない。

民進党の池田真紀さんは抗議に参加しないのか?

続報→民進党の池田真紀、TBS番組出演認めるもヤラセデモには言及せず

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

森友学園理事長と民進党議員らサヨク「籠池氏団体顧問の民進党議員は日本会議→実質自民党」だそうです

想像の遥か上!穴が開いた日の丸を掲揚、国の機関が入居する庁舎

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 杉田議員に殺害予告、スマイリーキクチ「悲劇のヒロイン、この人の遊びで犯罪者が生産され警察官が疲弊」
  2. 田中正道「俺は野間易道と連絡を取り打ち合わせ都知事選でアベ辞めろ!」野間「一度も話したことがない」
  3. 昭恵夫人と山口敬之氏の悪質コラージュ写真と名誉棄損コメント、拡散者は批判浴び削除するも謝罪なし
  4. 国民民主・玉木代表「#熱中症はもはや自然災害」原口副代表「#熱中症は人災」天災か人災かで党内不一致
  5. 枝野幸男が野田中央公園をツッコまれ激しく動揺「不適切発言だ!議長!水田議員を黙らせて!」杉田です
  6. 立憲民主党・川田龍平「人殺し大臣」ヤジを謝罪「感情を抑えられず絶対に言ってはいけない言葉を使った」
  7. 委員会で暴行の山本太郎「マイクは壊してない!」和田政宗「委員部も映像で確認、壊れとったで?」
  8. 懲罰委員会へ!山本太郎、森裕子、糸数慶子が本会議場で垂れ幕掲げ叫ぶ奇行、委員長の制止も無視して悪態
  9. 告発!フジテレビ「グッディ!」が麻原死刑報道で捏造か?情報提供者「全く事実と異なる説明をされた」
  10. 山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP