左翼アイドル制服向上委員会、橋本美香(37才・プロデューサーの嫁)含めてたった3名に


左翼アイドル制服向上委員会、橋本美香(37才・プロデューサーの嫁)含めてたった3名に

社民党・共産党のお友達「制服向上委員会」のメンバーが現役2人とプロデューサーの嫁の3人だけになっていたことが判明した。
昨年秋には主力メンバーが全て卒業しメンバーは野見山杏里とRAY、橋本美香(37才・名誉会長とプロデューサーの嫁も兼任)の3人だけとなった。新人も採用したがあっさりと全滅、社民党つながりで加入したと思われる増山麗奈の娘も、いつの間にかいなくなっている。
橋本美香メンバー(37才・プロデューサーの嫁)が2012年に出版した本のタイトルが泣ける。
脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略~
脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略~
全然生き残れてないし、卒業してグラビアやったりAV女優に転向したメンバーもいるよね。

スポンサーリンク

現状、再起不能と思われる

制服向上委員会は現存する最古のアイドルユニット、こうなったら伝統芸能を自称して文化庁に保護してもらうしか生き残る道はないだろう。しかし、左翼アイドルとして反権力を標榜してきた以上、お上の保護も受けるわけにはいかない苦しい立場だ。

活動内容もとりあえず時の政権に反対すればよいと思っている節があり、2010年に「地デジ反対」という謎の活動を始めている。2011年には脱原発の歌を発表、それをフジロック・フェスティバルで歌おうとしたら、大手スポンサーからの圧力で出演が取りやめになったと大騒ぎしたものの、そもそも出演オファーなんて無かったという話もあり失笑を買っている。
さらに2015年には「憲法九条やまとの会」主催のイベントで自民党などを批判する内容の歌を歌ったが、これにより神奈川県大和市と市教育委員会が後援を事後に取り消す方向で検討したと、また大騒ぎしたが、これも勘違いであったことが判明している。
参考:【左翼のデマ】自民批判の曲、後援取り消しは言論弾圧ではない。

増山麗奈の娘もいつの間にか消えている。明らかに社民党ルートで加入していたのだが、増山麗奈が離党せざるを得ない事態になった5月末には既に脱退しており、活動の履歴も見当たらない。
参考:社民党公認候補が困窮者から高額相談料、増山麗奈の「出張30分2万円」コースがヤバ過ぎる

https://line.me/R/ti/p/%40ooo1219s
↑LINE@始めました!制服向上委員会の最新のイベント情報配信しています。友だち追加してください!

制服向上委員会さんの投稿 2017年4月9日

ここまでくると、迷走することさえできないレベルだ。今まで散々と当たり屋のような政治主張を行い炎上商法でやってきたものの、誰も相手にしなければ炎上も無理。再起不能でしょう。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民進党・高井たかし「山尾さんは人を怒らせる天才ですね。秘訣は何ですか?」民進党・高井たかし「山尾さんは人を怒らせる天才ですね。秘訣は何ですか?」と好きな子をイジメる

「出て行けよ!」暴言の民進党・桜井充議員、自分で山本大臣を要求していたことが判明「出て行けよ!」暴言の民進党・桜井充議員、自分で山本大臣を要求していたことが判明





最近の記事

  1. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  2. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  3. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  4. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  5. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  6. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  7. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  8. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  9. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  10. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP