民進党をクビになった木内孝胤議員がツイッターで暴発!「玉木は無責任」「ツイ垢、略して口座だ」


民進党を離党(処分&辞職勧告)した木内孝胤(たかたね)衆議院議員がツイッターで暴れている。
加計問題から手を引いた玉木雄一郎議員を「こんな無責任な奴が」と批判する投稿をリツイート拡散、民進党に真っ向喧嘩を売っている。また、ツイッターアカウントが凍結された菅野完氏に関しては「口座が凍結された」と誤った情報を発信、それを指摘されると「ツイッターアカウントを、ちょっと省略して口座と書いた」と意味不明な言い訳をしている。
民進党をクビになった木内孝胤議員がツイッターで暴発!「玉木は無責任」「ツイ垢、略して口座だ」3


スポンサーリンク

離党を繰り返しても民主党は彼を助けた

木内孝胤議員は、8月18日に民進党に離党届を提出したが受理されず、除名処分と議員辞職勧告をダブルで受けている。ようするにクビになったのだ。離党が相次ぐ民進党に関しては、党の運営に問題があることも事実だが、木内孝胤議員に関しては重い処分を下されても仕方のない過去がある。

木内孝胤議員は2009年の衆院選で民主党から出馬して初当選。しかし、2012年に野田内閣の消費税増税に反対して離党する。その後、小沢一郎率いる国民の生活が第一に入党し、日本未来の党と合流して衆院選に出馬するが落選し比例復活も出来なかった。
2014年には生活が第一を離党し、維新の党公認で衆院選に再挑戦し選挙区では落選したが比例復活で議員に返り咲いた。この時に、民進党は対立候補を立てずに木内孝胤に推薦を出すという協力をしている。その後、維新の党が民主党に吸収され再合流していた。

2009年 7月 民主党公認で当選

2012年 4月 民主党を離党

2012年11月 国民の生活が第一入党

2014年11月 生活の党離党
         維新の党入党
         維新公認で出馬(民主推薦)

2016年 3月 民主党に吸収され復党

2017年 8月 民進党に離党届提出

これだけ党に背いたにもかかわらず、民主・民進党は救いの手を差し伸べている。それを、党が傾いたからと言って離党届を出されても受理などできないだろう。表向きは木内孝胤議員が比例当選であることなどが辞職勧告の理由とされているが、民進党は彼が復党を認められたにも関わらず、すぐに裏切ったことが許せ無かったのだろう。

こういう人物が、保護者である「党」から離れたら、まあこうなるわな。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

森友がんばれおばさん池本奈央氏が東スポデビュー!有田芳生議員らの落選運動に法的問題は無かったのか?有田芳生議員の「森友がんばれおばさん」落選運動に法的問題は?池本奈央氏は落選も東スポデビュー!

安室奈美恵引退はアベの陰謀!アベが辞めろ!毎度おなじみのシリーズが始まる安室奈美恵引退はアベの陰謀!アベが辞めろ!毎度おなじみのシリーズが始まる





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP