山尾志桜里「FLASHの取材方法はヤクザ顔負け、拡散お願い」小林よしのりと子供を盾にメディアを批判


山尾志桜里、よしりんの「FLASHの取材方法はヤクザ顔負け、拡散お願い」子供を盾にメディアを批判

山尾志桜里議員は10日、小林よしのり氏が書いたブログ記事『「FLASH」の取材方法はヤクザ顔負け』の拡散をフェイスブックで訴えた。
山尾志桜里「FLASHの取材方法はヤクザ顔負け、拡散お願いします」小林よしのりに批判記事を書かせる
山尾志桜里フェイスブック
小林よしのり氏の記事は、山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士の証言が基になっているものと思われ、写真週刊誌「FRASH」の取材方法を「ヤクザまがい」と痛烈に批判している。現職国会議員が自ら反論をせず、メディア批判を第三者にさせているのならば問題ではないだろうか?

スポンサーリンク

山尾サイドのマッチポンプ

山尾志桜里議員は先日、不倫疑惑報道のお相手である倉持麟太郎弁護士を、事務所の政策顧問にすることが報じられ、多くの批判を浴びていた。この件に関するFRASHの取材方法に対して、山尾志桜里議員を擁護する小林よしのり氏が激怒したようだ。
自身が疑惑を再炎上させるような事をしておいて、疑惑に関する取材の様子を小林よしのり氏に告げ口するとは情けない。しかもその小林よしのり氏にメディア批判を展開させ、自分はそれを「拡散お願いします」と無責任に煽るだけだ。これが現職国会議員のすることだろうか?

そもそも、不倫疑惑が報じられながらも選挙を勝ち抜き、新たなスタートを切った矢先に両者を引き合わせたのは小林よしのり氏である。それを棚に上げてメディアの取材方法を批判し「子供は母親にかけられた「疑惑」を知ってしまう」などという言い分は筋が通らない。この疑惑が子供の知るところになったとすれば、それは小林よしのり氏が再炎上させたことが発端である。
山尾志桜里議員も時が経つにつれ、人々の記憶が薄れていくなかで、不倫疑惑の相手を事務所の政策顧問にすることを神奈川新聞に発表させ、自身を擁護するインタビューを3回に渡り掲載させ大炎上を誘っている。それで思うような反応が得られなかったからといって、小林よしのり氏にメディア批判をさせれば、また子供に影響が及ぶことくらい予想できただろう。山尾志桜里議員のやっていることは、子供を守ることよりも、子供を弾除けにする卑劣な行為と言わざるを得ない。

これは山尾志桜里サイドのマッチポンプである。

関連:山尾志桜里の政策顧問に不倫疑惑の倉持氏が就任、キューピット小林よしのり「再び二人を引き合わせる」

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【動画】携帯押収されそうになり大号泣した大袈裟太郎の暴論を高須院長が一刀両断!大袈裟太郎メンバーを逮捕!警察官から合図灯を奪い逃走→20メートルであさっり確保→仲間に晒される

希望の党共同代表に玉木雄一郎氏「森友・加計問題調査チーム」は玉木氏の獣医師連盟献金問題をどう扱う?希望の党共同代表に玉木雄一郎氏「森友・加計問題調査チーム」は玉木氏の獣医師連盟献金問題をどう扱う?





全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. これって虐待では?中学の体育で走高跳び→マットは薄さ5cm→手首骨折、捻挫が続出→学校「薄いマットは踏ん張りが利く」意味不明
  2. 片山虎之助さん「TVのカメラは恐ろしい。党首討論の映像を見ると私の頭部前半部分の頭髪がないように見える」
  3. 立憲ブーメラン・安田真理「アイドル、何でも利用する現政権の節操の無さ」→立憲が元モー娘。擁立「参戦におおいに期待!」
  4. 【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす
  5. 【動画】立憲民主党の白真勲さん、安倍総理が憎すぎて本会議中にファーッ!ってなるハプニング発生!一時議場は騒然
  6. 野党支持者「室井佑月さん!安倍政権の官邸アカウントがネトウヨバイトを募集してるよんですよ!」←日付は2012年、民主党政権でした
  7. 速報!山本太郎「れいわ新選組」の支持率が0と判明!「0は新選組」に党名変更か?街頭演説の聴衆はただの野次馬?
  8. 室井佑月が最悪の放射能デマ「チェルノブイリから同心円状に知能が低くなっている」批判受け削除逃亡!あったことを無かった事に
  9. フライデー「山本太郎と八嶋智人が殴り合いの乱闘、NHK新選組飲み会を出入り禁止に」→八嶋智人「当事者の僕が言いますが、この記事はデマ」
  10. 【野党支持者沈黙】立憲会派・小川参院議員の息子に実刑判決、女子小中学生への強制わいせつ致傷など連続6件(保釈中も犯行継続)で懲役たったの4年?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP