山井和則さん「許すことこそ愛の始まり」←民進党時代「アベ政治を許さない」とかやってませんでしたか?


民進党山井議員が被災現場で記念撮影

倒壊した家屋の前で記念撮影する山井和則議員

希望の党・山井和則議員衆院議員が、ツイッター上ででマザーテレサの言葉をリツイートしている。
「だれかを傷つけたとわかったら、まず先に謝る人になりましょう。私たちにはゆるし合うことが必要だとわからなければ、人をゆるすことはできません。この、ゆるすことこそが、愛の始まりなのです。」
だれかを傷つけたとわかったら、まず先に謝る人になりましょう。私たちにはゆるし合うことが必要だとわからなければ、人をゆるすことはできません。この、ゆるすことこそが、愛の始まりなのです。

民進党時代のお仲間は、そこら中で「アベ政治を許さない」のプラカード掲げてませんでしたか?時には国会の議場にまで持ち込んで。まず、安倍政治を許すことから始めましょう。
そして、ボリス・ジョンソンの風刺画を安倍首相と間違えて、官僚の前で馬鹿呼ばわりしたことを謝ることのできる人になりましょう。

スポンサーリンク

謝らないし許さない山井和則議員

山井和則議員が少し前まで所属していた民進党では、こんなプラカードを多用していたはずだ。まさに不寛容の象徴のようなフレーズだ。
山井山井和則さん「許すことこそ愛の始まり」←民進党時代「アベ政治を許さない」とかやってませんでしたか?
マザー・テレサ「ゆるし合うことが必要だとわからなければ、人をゆるすことはできません。この、ゆるすことこそが、愛の始まりなのです。」

2016年5月には、英タイムズ紙に載った風刺画を、安倍首相から各国首脳が逃げている絵だと政権批判をしたが、この風刺画は次期イギリス首相候補と目されたボリス・ジョンソン前ロンドン市長とEU離脱問題を風刺したものであった。


山井和則さん「許すことこそ愛の始まり」←民進党時代「アベ政治を許さない」とかやってませんでしたか?3
この時も、官僚に「それ違いますよ。安倍首相は船に乗ってますよね。」と指摘され顔が真っ赤になっているが、謝罪もせず「外務省が否定しなかった」と謎の言い訳をしていましたね。
マザー・テレサ「だれかを傷つけたとわかったら、まず先に謝る人になりましょう。私たちにはゆるし合うことが必要だとわからなければ、人をゆるすことはできません。この、ゆるすことこそが、愛の始まりなのです。」

山井さん、マザー・テレサの言ってること理解してますかー?

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

東京新聞・望月イソ子記者の珍問を受けた時の菅義偉官房長官の顔www「変顔でもして時間を過ごそっと」東京新聞・望月イソ子記者の珍問を受けた時の菅義偉官房長官の顔www馴染みの記者に変顔を見せて遊ぶ

めんたいこ組長を暴対法違反で逮捕!お中元が3千円の「めんたいこ」から2千円の「缶詰」になり大激怒!めんたいこ組長を暴対法違反で逮捕!お中元が3千円の「めんたいこ」から2千円の「缶詰」になり大激怒!





最近の記事

  1. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  2. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  3. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  4. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  5. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  6. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  7. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  8. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・
  9. 蓮舫と矛盾?立憲・長妻昭「国民全員が年金だけで生活できるということではない」反町理「えっ!?(政府と)違いがない?」
  10.  2018年10月6日午後6時頃、広田被告は運転するSUVで市内の無職男性(69)をはね、道路下の側溝に転落させたが救護をせず逃走。翌日の7日午後5時37分ごろに側溝に頭を突っ込んでうつぶせになって死亡しているのが見つかった。



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP