大恥!黒川敦彦「加計の単価水増し、原口さんが国会で口火を切った」原口一博「そんなこと言ってません」


大恥!黒川敦彦「加計の単価水増し、原口さんが国会で口火を切った」原口一博「そんなこと言ってません」

民進党の原口一博議員(無所属の会)は28日の衆議院予算委員会で、加計学園が今治に新設する獣医学部について「総事業費・補助金・建築費の負担」について質問に立った。

これに対し「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦共同代表が「加計の単価水増し問題も、民進党・原口一博さんが国会質問で口火を切ってくれました。」とツイッターに投稿したが、単価水増しについて原口一博議員から「水増しかどうかはわかりません。」とあっさりと否定され大恥を掻いた。


スポンサーリンク

水増しや詐取に言及した事実なし

予算委員会で、原口一博議員が加計学園に関して質問した部分を確認してみたが、黒川敦彦氏が言うような「加計の単価水増し問題」には一切言及していない。
※20分20秒あたりから

原口一博議員の質問の要旨は、総事業費192億円の半分を今治市が補助金として負担することについて、坪単価が高額であることを指摘している。設計を請け負ったSID創研と大建設計の設計共同体のうち、SID総研の役員一覧に加計理事長夫人と思われる人物の名前が記載されていることには言及したが、原口一博議員は「偶然だと思いますが」と発言しており、水増しや不正などとは言っていない。
そもそも、原口一博議員の質問は、加計学園が「ノーリスク」なのに対して、自治体が過大な負担をしており、夕張市のようなことにならないか?といったものだ。加計学園側には新設にかかった実費以外に、金が流れるような仕組みになっていない以上、水増しなどの不正をする理由は見当たらないからだ。

また原口一博議員は「総理がどうのとか、お友達がどうのとかいう前に、これ自体の計画を認めていいのか?」と質問を締めくくっており、黒川敦彦氏らが盛んに騒ぎ立てている「総理の関与」という観点は、それ自体が的外れであるともとれる見解を示している。

黒川敦彦氏は自身が抱える「未公開株出資金不明問題」に関して10月の衆院選出馬前、出資者に「数日中に近況を報告する」とメールを寄こして以来、何の音沙汰もない状態だ。根拠薄弱な追及活動をいつまで続けるつもりか知れないが、未公開株と出資金の行方を正直に説明し、責任をとることが先なのではないだろうか。

関連:加計追及の黒川様へ、集めた資金と株式は?10万円が2千万円になる夢のビジネスに出資した方からの質問

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

福島前議員「和田議員と産経と安倍事務所は連動」安倍晋三記念小学院デマの責任を陰謀論で人のせいにする福島前議員「和田議員と産経と安倍事務所は連動」安倍晋三記念小学院デマの責任を陰謀論で人のせいにする

長崎県平戸市長「市長室で朝日新聞の購読を辞めた、誤報を垂れ流すから」←賞賛の嵐でフォロワー激増中長崎県平戸市長「市長室で朝日新聞の購読を辞めた、誤報を垂れ流すから」←賞賛の嵐でフォロワー激増中





最近の記事

  1. 動画検証!毎日新聞『麻生大臣が休校中の学童保育負担に「つまんないこと聞く」と答えた』→別の質問と雑談をつなぎ合わせた印象操作と判明
  2. 【動画】野党議員がコロナ対策で超ハイレベル質問「電車は座る?立つ?」「マスクの隠し場所に踏み込みましょうよ」
  3. 酷いデマ!菅直人さん「大震災当時の大連立は安倍現総理などの妨害で実現しなかった」谷垣総裁に即日断られ、当時の安倍さんは自民党でも無役
  4. 赤っ恥動画!立憲・枝野代表「亡くなられた方は良性?感染していなかったと?」加藤大臣「陽性です(良性ってなんだよ)感染ということ」
  5. パワハラ動画!立憲・川内議員「読め!言ってんじゃねえの!」官僚を怒鳴り北村大臣に「辞めますってここで言って」→主査に注意を受ける
  6. 室井佑月ら左翼がデマ拡散「日本政府が日の丸マスクを配布」→毎日新聞の印象操作でした!町山智浩氏は謝罪して撤回
  7. そうでしたっけ?フフフ れいわ新選組・太田和美の事務所ポスターが「ピンクビラ」みたいだと話題に
  8. 沼津市のラブライブ観光PRを嘲笑した共産党・かわの祥子さんがツイッター投稿削除→炎上やまずアカウントに鍵
  9. お宝動画発掘!あの福島瑞穂さんがキレッキレのダンシングクイーンだったことを君たちは知っているか?
  10. やっぱり捏造だった→朝日新聞の『米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に』こっそりお詫びと訂正



最近の投稿

PAGE TOP