トナカイは架空の動物?1割が実在しないと回答、サンタクロースとセットのイメージが影響か?

ライフスタイル

トナカイは架空の動物?1割が実在しないと回答、サンタクロースとセットのイメージが影響か?

サンタのソリを引く『トナカイ』についてアンケート調査を行ったところ、架空の動物か絶滅した動物であると認識している人が10%もいることが判明した。
アンケートは12月21日から22日にかけてツイッターで行い、401名が回答をした。
回答の内訳は
・実在する動物 90%
・架空の動物   6%
・絶滅した動物  4%


トナカイは実在の動物

トナカイは日本の動物園や牧場でも目にすることができる「実在する動物」です。

トナカイは架空の動物?1割が実在しないと回答、サンタクロースとセットのイメージが影響か?

写真出典:旭川動物園

トナカイは、シカ科トナカイ属で亜種は7種が確認されています。北極圏周辺の寒冷地に生息し、日本では自然分布していませんがロシアに生息していることから、比較的近い場所に位置する北海道で飼育されている頭数が多い。

トナカイが「架空の動物」と勘違いされる理由は「サンタクロース」のソリを引いて空を飛んでいるイメージが強いからだろう。当然ながらトナカイは空を飛ばない。ちなみに、アマゾンでサンタに関する絵本を検索してみたが、以外にもトナカイがソリを引いているという描写は少ないようだ。子供向けの絵本ではほかの動物が擬人化されて登場することが多く、トナカイだけが家畜として描かれることを避けているのだろうか?
しかし、イメージとしては「トナカイとサンタ」は根強いものがあり、その関係性を題材にしたアニメなども存在することから一部の人が「架空の動物」と勘違いしたのかもしれない。


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう