【動画】和田政宗議員を襲撃した沖縄基地反対派の3人を書類送検、カメラが捉えていた暴行の一部始終


和田政宗議員を襲撃した沖縄基地反対派の3人を書類送検、動画に抑えられた犯行の一部始終

和田議員の随行男性の顔面をプラカードで突き転倒させる基地反対派

辺野古のキャンプ・シュワブゲート前の違法テント前で和田政宗参院議員と随行の男性を暴行した基地反対派の3名が今月初めに書類送検されていたことが判明した。
和田政宗議員は2016年5月9日、辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で演説中に基地反対派の女性から平手で殴打され、随行した日本のころ党員(当時)はプラカードで顔を強く突かれて転倒した。

本日の沖縄タイムスの記事。

辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込みをする人らが、
『交代でマイクを握り「非暴力、不服従で頑張ろう」などと決意を確認し合った。大分県や埼玉県から来たという参加者もあいさつした。』
とあるが、一昨年…

参議院議員 和田政宗さんの投稿 2018年1月20日(土)

暴行の様子はすべて動画に記録されており、その過激で常軌を逸した反対活動がどれほど反社会的であるか確認できる。

これが沖縄左翼の暴行現場だ!

暴行の様子はボギーてどこん氏がyoutubeで公開しており、3度の暴行現場が記録されている。
※音声注意!

ボギーてどこん氏は自身のフェイスブックで次のように憤る。
「沖縄タイムス、琉球新報さんはこの送検を報道できますか?ぜひ取材に行かれてください。初耳の皆さん、これが「非暴力の抗議活動」の実態です。」

一昨年、辺野古で和田先生を襲った犯人3名が
先日書類送検されたことが明らかになりました。
えっ、平和運動は非暴力でしょう?
と思う方もいると思います。
はい、非暴力を貫く方も中にはおられます。
しかし沖縄の新聞が「非暴力」と美化する彼らの中…

手登根 安則さんの投稿 2018年1月20日(土)

これが自称・平和を愛し沖縄を愛する者たちの所業だろうか?
自分たちの政治的主張を暴力で訴えることなど許されるはずもない。
書類送検まで長い時間を要したが、被害者との和解に向けた話し合いの形跡もなく、悪質極まりないこれらの行為は起訴されるべき事案である。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

八重山毎日新聞が自衛隊を差別するコラム掲載「自衛隊が来ると犯罪や事故が予想される」石嶺香織を模倣か八重山毎日新聞が自衛隊を差別するコラム掲載「自衛隊が来ると犯罪や事故が予想される」石嶺香織を模倣か

田中龍作さん難民の取材で自分が難民に!金も無いのにバングラデシュへ渡航!現地から必死にカンパの訴え田中龍作さん難民の取材で自分が難民に!金も無いのにバングラデシュへ渡航!現地から必死にカンパの訴え

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP