沖縄タイムス「共産党前県議が抗議中、警察官に車を接触させ逮捕」を「のろのろ運転手を逮捕」と報道する


米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対し抗議する78歳の男が、路側帯に誘導しようとした警察官に車を数回接触させたとして逮捕された。

このニュース、産経新聞では以下のようなタイトルで伝えている。
辺野古抗議活動の78歳逮捕 警官に車接触させた疑い – 産経WEST

これが、沖縄左翼の都合でしか報道しない沖縄タイムスの手にかかると・・・
のろのろ運転、運転手を逮捕 辺野古で公務執行妨害の疑い | 沖縄タイムス+プラス
警察官に自動車を複数回接触させたことは悪質な犯罪であり「のろのろ運転」は関係ない・・・

スポンサーリンク

共産党の前県議であることは伏せる

沖縄タイムスは、抗議活動中の男が警察官に車で接触したという事実を記事の最後に書きながら、タイトルからはその悪質さが伝わらないようにしたのだろう。さも不当逮捕であるかのような印象を与えるために「のろのろ運転」を強調しているが、ゆっくり人を轢いたら罪にならないとでも思っているのか?
しかも、逮捕容疑とは関係のないことを前半で書き、本筋である逮捕については後半でお茶を濁す程度。

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブには23日午後1時までに2回、採石やコンクリートブロックなどの資材を積んだダンプカー、ミキサー車など計184台の工事車両が入った。そのたびに機動隊員が座り込みの市民を強制排除し、道路脇の柵の内側に囲い込んだ。

 また午前9時半ごろ、ゲート前でのろのろ運転をしていた運転手の男性が車で警察官に接触したとして、公務執行妨害の疑いで名護署に逮捕された。
出典:のろのろ運転、運転手を逮捕 辺野古で公務執行妨害の疑い | 沖縄タイムス+プラス

そもそも、沖縄のメディアなら逮捕された男が共産党の元県議であることは知っていたはずなのに、それについては一切触れていない。
日本共産党のホームページには市議時代のデータが削除漏れで残っている。

沖縄タイムス「共産党前県議が抗議中に警察官に車を接触させ逮捕」を「のろのろ運転手を逮捕」と報道する

市議時代のプロフィール

共産党機関紙の「しんぶん赤旗」では堂々と名前の他に「前県議」と書かれている。
2017とくほう・特報/辺野古新基地ノーは“自分の問題”/全国に連帯広がる

沖縄タイムス「共産党前県議が抗議中に警察官に車を接触させ逮捕」を「のろのろ運転手を逮捕」と報道する

2017年12月5日、しんぶん赤旗に掲載された具志堅徹前県議

沖縄タイムスは新聞ではなく、沖縄左翼や共産党の機関紙に成り下がっている。
事実から目を背け、ひたすら反権力を飯の種にするのは報道のやることではない。

関連:【証拠動画】高江で警察が反対派市民をひき逃げ?「男性は自分で座り込んだ」

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

TBSがブラック労働!労基法違反で是正勧告される、報道特集の徹底取材に期待!TBS報道特集「働き方改革」放送直後にブラック労働!労基法違反で是正勧告される

立民・西村智奈美陣営の公選法違反で自民党・金子恵氏の当選が消えた?公示前に法定外文書を2万人に発送立民・西村智奈美陣営の公選法違反で自民党・金子恵美の当選が消えた?公示前に法定外文書を2万人に発送




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 伝書鳩の鳩山由紀夫「北朝鮮のそれなりの方」に代わって日本を脅す「いざ米朝が戦うとなれば基地を狙うしかない」
  2. なぜか炎上する蓮舫「韓国の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求める。」→志葉玲「あー」
  3. 旭日旗Tシャツの米国モデルと韓国ネチズンがバトル→ジョン・レノン息子「旭日旗を見ると子供のころを思い出す。アジアのナチスとか馬鹿げてる」
  4. 新人おじさん「河野太郎が韓国外相に金時計をひけらかし!恥を知れ!」→河野太郎「竹製ですが、何か?」
  5. 立憲・高井崇志議員が韓国訪問と過去の「歴史、慰安婦、独島」発言を全面否定→しかし立民訪韓団の存在は否定せず
  6. 1日で15万人が投票!マスコミによる京アニ放火殺人犠牲者の実名公表申し入れ「反対」が95%、遺族の思い優先する声が多数
  7. 和田政宗議員に暴行した男を公選法違反で書類送検!正体は「団体役員」らしいのでCBCさんに取材してもらいましょう
  8. また?関西生コン支部幹部を再逮捕!ホテル建設工事で現場監督らに因縁つける威力業務妨害「これ、汚水じゃないですか」
  9. 音喜多駿議員「参議院会館のセブンイレブンwww」発注ミスの店長お詫びを笑う



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP