小倉秀夫弁護士「名護は基地受け入れ。米兵が少女を暴行して帰国しても抗議集会を開かないのでしょう」


小倉秀夫弁護士「名護は基地受け入れ。米兵が少女を暴行して帰国しても抗議集会を開かないのでしょう」

東京弁護士会所属の小倉秀夫弁護士のツイッター投稿が物議を醸している。
小倉秀夫弁護士は、4日に投開票された名護市長選で、普天間から名護市辺野古への基地移設を推進する与党が推す渡具知武豊氏が当選したことを受けて、以下のようなツイートを行った。
「名護市は積極的に米軍基地を受け入れることにしたのだから、米兵が地元の少女を暴行(規制により筆者書き換え)して基地経由でさっさと本国に帰っても、抗議集会を開いたりはしないのでしょう。経済優先の悲愴な覚悟だ。」

一種のアイロニーと思われるが、名護市民が基地を受け入れる事は、米兵による暴行を容認することではない。寄せられる批判に対しての小倉秀夫弁護士の回答を以下にまとめてみたが、いかにも弁護士らしい過ちが見えてきた。

スポンサーリンク

加害者弁護のシミュレーション

小倉弁護士は、米兵による犯罪が起こっていることを承知で、名護市民は基地反対派に投票しなかったと言いたいのだろうけど、辺野古で米兵が事件を起こせば住民は抗議するし裁きを求めるでしょう。基地を容認したからと言って抗議に躊躇するようなことはあり得ません。
これって「自宅に男性を入れた女性は暴行されても文句言えない」っていう理屈と同じじゃないでしょうかね?日米地位協定での事後の扱いに問題があることを知り得た事が、犯罪の発生段階で「被害者側が暴行を一部容認していた」という一定の非を認めることにはならないでしょう。
どうも小倉弁護士は加害者側を弁護することを想定した場合の理屈を、法廷外で披露するという過ちを犯しているような気がする。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

自称・反日左翼「名護出身者を見かけたら差別しイジメる」大炎上で謝罪「選挙結果への苛立ちから書いた」自称・反日左翼「名護出身者を見かけたら差別しイジメる」大炎上で謝罪「選挙結果への苛立ちから書いた」

杉田水脈議員が被害届提出!辞職を迫り脅迫した「遠藤太郎」のツイッターは突然の沈黙杉田水脈議員が被害届提出!辞職を迫り脅迫した「遠藤太郎」のツイッターは突然の沈黙




最近の記事

  1. 【検証】琉球新報『嫌中、嫌韓と同様に「嫌沖」と言われる沖縄ヘイト』←嫌沖がいつから使われ始めたのか調べてみた
  2. テレ朝報道局長が世耕氏に謝罪→ラサール石井「普通なら喋っちゃいけない案件」→国会内なので秘密にはできません
  3. 嘘つき!原口一博「衆参17の委員会は桜を見る会の審議などしてない」国会議事録では35の委員会で桜を見る会発言
  4. 野口健さん「僕の表現も大人げなかったのかも」グレタさんの電車移動に「馬車でご移動されてるのかと」投稿が物議
  5. 柚木みちよし議員がテレ朝の捏造を応援「報ステひるむ必要全くなし!」→足立康史議員「酷いツイートだな。総務委員会で取り上げる」
  6. 蓮舫のデマ投稿に世耕氏が削除要請→蓮舫「大学生の時から報道を教わった。今こそフェイクを見分ける力が求められる」いいから消せ!
  7. 記者「桜という漢字について」菅官房長官「見たくも聞きたくもないw」次の質問へ「はい、桜じゃないでしょうねw」
  8. 報道ステーションが番組内で謝罪 世耕氏の発言つなぎ合わせ「説明が十分でなかった」テレ朝報道局長が直接謝罪も
  9. https://ksl-live.com/blog28228
  10. 森ゆうこ議員に大麻売人から政治献金!沖縄県の高校生らに大麻を流した福岡県宇美町の町議、選挙では森氏から為書も



最近の投稿

PAGE TOP