小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす


小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす

小泉純一郎元総理は、新著「決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金」(集英社新書)の中で、2002年の電撃訪朝と拉致被害者5名帰国の舞台裏について明かした。著書の一部を転載している「現代ビジネス」によると、小泉元総理は安倍首相について以下のように評価している。

実際、拉致問題について一番真剣に取り組んできた政治家は、安倍さんです。私が北朝鮮に訪問したときも官房副長官として同行してくれました。首脳会談を行った最高権力者が亡くなり、新しい指導者になってからの北朝鮮は、国際的に孤立し、まったく国際社会の言うことに耳を貸しません。難しい状態ですが、熱意だけは安倍さんが強く持っているので、期待しています。
出典:小泉純一郎がいま明かす「電撃訪朝」の舞台裏(小泉 純一郎)|現代ビジネス

著書の一部転載ではあるが、現代ビジネスに掲載された内容は、小泉元総理の拉致問題に対する葛藤などが感じ取れる。

スポンサーリンク

電撃訪朝、五人の帰国、閉ざされる窓口

小泉元総理が在任中に北朝鮮を電撃訪問し、金正日総書記と直接会談したのが2002年、この訪朝は一部ではあるが拉致被害者の帰国にもつながった。
この時、決断に至るまでの状況を以下のように語っている。

2002年9月の北朝鮮訪問も、そうでした。拉致被害者が本当に生存しているかどうかは、現地に行ってみなくてはわからないことでした。
北朝鮮側は総理が会いに来ないなら、なにも話さない、相手にしないと言う。総理が行けば、拉致について明かす可能性がある。でも、金正日総書記に会えたとしても、本当のことを言うかどうかわかりません。なにしろ、国交がないのです。
政府のなかでは「国交のない国に日本の総理大臣が行っていいのか」という意見もあれば、「結果がどうなるかわからないのに行くのはどうか」という意見もありました。
それでも、私は北朝鮮に乗り込む決断をしました。

この他にも、平壌に到着して、百花園招待所に案内された時の状況や、午前中の会談がうまく進まず、日本から持参した「おにぎり」を口にする気力もなかったこと、この状況から一転、午後の会談では北朝鮮側が国家として拉致の事実を認め、謝罪に至った状況も綴られている。

現在、北朝鮮側が対話の窓口を閉ざしていることを嘆きつつも、拉致問題に対しての安倍首相の熱意に期待をしている。これは、解決の糸口が見つからない難しい状況で「熱意」だけに頼らざるをえない実情も表しているのかもしれない。
[amazonjs asin=”4087210197″ locale=”JP” title=”決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金 (集英社新書)”]

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」

立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に立憲民主党「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」日本メダル獲得に不満、批判受け取り消し→すぐ寝る





最近の記事

  1. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  2. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  3. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  4. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  5. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  6. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  7. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ
  8. 足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」
  9. 暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒
  10. 北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP