小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす


小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす

小泉純一郎元総理は、新著「決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金」(集英社新書)の中で、2002年の電撃訪朝と拉致被害者5名帰国の舞台裏について明かした。著書の一部を転載している「現代ビジネス」によると、小泉元総理は安倍首相について以下のように評価している。

実際、拉致問題について一番真剣に取り組んできた政治家は、安倍さんです。私が北朝鮮に訪問したときも官房副長官として同行してくれました。首脳会談を行った最高権力者が亡くなり、新しい指導者になってからの北朝鮮は、国際的に孤立し、まったく国際社会の言うことに耳を貸しません。難しい状態ですが、熱意だけは安倍さんが強く持っているので、期待しています。
出典:小泉純一郎がいま明かす「電撃訪朝」の舞台裏(小泉 純一郎)|現代ビジネス

著書の一部転載ではあるが、現代ビジネスに掲載された内容は、小泉元総理の拉致問題に対する葛藤などが感じ取れる。

スポンサーリンク

電撃訪朝、五人の帰国、閉ざされる窓口

小泉元総理が在任中に北朝鮮を電撃訪問し、金正日総書記と直接会談したのが2002年、この訪朝は一部ではあるが拉致被害者の帰国にもつながった。
この時、決断に至るまでの状況を以下のように語っている。

2002年9月の北朝鮮訪問も、そうでした。拉致被害者が本当に生存しているかどうかは、現地に行ってみなくてはわからないことでした。
北朝鮮側は総理が会いに来ないなら、なにも話さない、相手にしないと言う。総理が行けば、拉致について明かす可能性がある。でも、金正日総書記に会えたとしても、本当のことを言うかどうかわかりません。なにしろ、国交がないのです。
政府のなかでは「国交のない国に日本の総理大臣が行っていいのか」という意見もあれば、「結果がどうなるかわからないのに行くのはどうか」という意見もありました。
それでも、私は北朝鮮に乗り込む決断をしました。

この他にも、平壌に到着して、百花園招待所に案内された時の状況や、午前中の会談がうまく進まず、日本から持参した「おにぎり」を口にする気力もなかったこと、この状況から一転、午後の会談では北朝鮮側が国家として拉致の事実を認め、謝罪に至った状況も綴られている。

現在、北朝鮮側が対話の窓口を閉ざしていることを嘆きつつも、拉致問題に対しての安倍首相の熱意に期待をしている。これは、解決の糸口が見つからない難しい状況で「熱意」だけに頼らざるをえない実情も表しているのかもしれない。

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」

立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に立憲民主党「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」日本メダル獲得に不満、批判受け取り消し→すぐ寝る




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 反安倍ブーメラン「セクシーの意味を安倍政権が閣議決定、恥ずかしい!」→立憲民主党議員が質問主意書を提出
  2. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  3. TBSチーフディレクターが派遣ADの女性をホテルに呼び出し裸にさせる鬼畜セクハラ→処分は自宅謹慎と異動のみ
  4. 【非道】台東区がホームレス男性の避難所受け入れを拒否→強風と雨の中、軒下でビニール傘を広げ一晩過ごすことに
  5. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  6. これ必要か?神奈川県のダム放水緊急メッセージ、黒岩知事のキリッとした顔写真が気になって情報が伝わらない
  7. 共産党議員が悪質な災害デマ投稿「城山ダムは水害が起こると分かって溜め込んでいた」→前日から徹夜で事前放流
  8. N国党員が台風デマ動画投稿で炎上→削除もせず「面白半分で拡散しないで」「リツイートする暇があったら」と信じた人を責める
  9. ラサール石井「やっていい事と悪い事がないのが表現の自由」→8年前の投稿「浅田真央ちゃんは彼氏作ってエッチして表現力を身につけて」コレやって悪いことだろ
  10. 森友問題決着へ!籠池長男が3対1の対談申し入れ、東京新聞の望月記者・朝日新聞の南記者・元NHKの相沢記者は逃げないで



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP