共産党が放射能デマ「南相馬の水は飲めない」風評被害をばら撒き、赤旗は該当記事を削除して逃亡!


共産党が放射能デマ「南相馬の水は飲めない」風評被害をばら撒き、赤旗は該当記事を削除して逃亡!

日本共産党が福島県に対する放射能デマをばら撒いている。
福島県南相馬市の水が「安心して飲めない」として、小学校に飲料水ペットボトルを配っているのだ。
※南相馬市では週3回検査を行い安全を確認している

 福島県南相馬市の日本共産党相双(そうそう=相馬地方と双葉地方)ボランティアセンターは1日、東京電力福島第1原発事故を経て昨年4月から同市小高(おだか)区で授業を再開した小高区4小学校を訪れ、飲料水のペットボトルを贈呈しました。
 (中略)
 松本寿行センター長は「福島の子どもたちに安心して飲める水を届けたいとの京都の人たちの思いに応えられるよう今後も継続したい」と話しています。

 日本共産党の渡部寛一、荒木千恵子両市議が同行しました。
出典:しんぶん赤旗5月2日

共産党の機関紙である「しんぶん赤旗」でこのお様子を伝えたが、風評被害との批判を受けたのかウェブ上から記事を削除してなかったことにしている。


キャッシュから復元したスクショ

スポンサーリンク

検査結果無視、校長のコメントも歪曲か?

南相馬市では飲料水(水道水)の放射性物質モニタリング検査を週3回実施し結果を発表しているが、井戸から汲み上げた浄水前の原水でもプルトニウムは不検出、放射性ストロンチウムは微量で原発事故前の全国データ分布の範囲内となっている。
週3回の検査結果はホームページで公開されている。
水道水測定結果 – 南相馬市

ペットボトルを贈られた小学校の山本秀和校長は「児童は水筒を持ってきていますが、急に暑くなる日もあって足りなくなることもあります。非常にありがたい」と話しているが、原発事故とは関係なく、全国的に小学生は水筒にお茶などを入れて持参するのが普通である。赤旗では校長のコメントを、あたかも原発事故の影響で水道水が使えないかのような伝え方をしているのだ。

これは赤旗が記事を削除すれば済むという話ではない。
そもそも日本共産党が福島県に出向き「福島の水は安心して飲めない」などと吹聴し、子供たちに他府県の水を配っていることが大問題なのだ。市民に安心してもらえるように週3回もの検査を行い、地元への風評被害と戦う人たちを馬鹿にしているとしか思えない。
日本共産党は、こういった一連の活動について説明責任を果たすべきではないか。

関連:TOKIO山口メンバー猥褻事件の真相「放射能の影響で性欲をセーブできなくなる(知らんけど・小声)」

【引用方法】 引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

東京新聞・望月衣塑子がヘイトデマ拡散!「あいつには岸の血が流れている」後藤田正晴のコメントを捏造東京新聞・望月衣塑子がヘイトデマ拡散!「あいつには岸の血が流れている」後藤田正晴のコメントを捏造

共産党・志位委員長が自衛隊をボロカス「災害救援に汗を流す自衛隊じゃない」「こんな組織を憲法に明記」共産党・志位委員長が自衛隊をボロカス「災害救援に汗を流す自衛隊じゃない」「こんな組織を憲法に明記」

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。

KSL-Live!ツイキャス

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 韓国被爆者団体がBTSを擁護「日本は純粋な活動を妨げないで!むしろ、Tシャツで原爆の被害を伝えた」
  2. 立憲民主党・市民クラブの今井雅人議員にブーメラン?公選法違反の巨大看板設置疑惑←誤解もあるので解説
  3. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  4. NHK「見てもいないのに見たことにされるネット広告の情報くれ!」←見てないNHKに受信料取られた
  5. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  6. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  7. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  8. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  9. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  10. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP