勝部元気さん宗教を始める「男性は全て性差別の罪がある、その構造から下りようとする男性は贖罪される」

教祖・勝部元気のお告げ「男性は全て性差別の罪がある、その構造から下りようとする男性は贖罪される」

ジェンダー論を専門とする評論家でフェミニストの勝部元気さんが宗教臭いことを言い出した。
男性は全て性差別の罪がある、積極的にその構造から下りようとする男性は贖罪される

この男社会全体が既に女性の支配・搾取構造って、逆に女性を馬鹿にしてるよね。不当な扱いは受けても支配はされないし、搾取もされない。

毎度、言い訳が多い勝部先生

男性を貶めれば女性が喜ぶという勝部先生お得意の発想は、当然のように批判の的となる。


これに対する勝部先生の言い訳が酷い。


先天的でなくとも、そこに産まれたら本人が選択する能力を有する間もなく「罪」を背負うってことでしょう。勝部先生は本人が容易に変えることができないことを「罪」と言っているのであって、それこそ性差別です。

こうやって、後付け理論で主張を変化、それでも負けるのが勝部先生のスタイルなんだな。

余談ですが、勝部先生がアンケートやってます。
「わたくし、勝部元気の最も優れている強みだと思うのはどれですか?」

選択肢がヤバい。
フェミニストとナルシストは違うんだぞ。

関連:勝部元気「吉野家の客、民度低い」吉野家「トラブルの報告なし」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で