自民・中谷元防衛相「止めているのは辻元清美」モリカケを盾に国民投票法改正の審議に応じないことに不満


速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?

自民党の中谷元・元防衛相は、国民投票法改正案の審議が見送られていることに関して「止めているのは立憲民主党の辻元清美国対委員長だ。(有権者の)利便性を追求したごく当たり前の法案でさえ国会で足止めを食らっている」と名指しで立憲民主党・辻元清美国対委員長を批判した。

 自民党の中谷元・元防衛相は30日、津市で講演し、与党などが提出した国民投票法改正案の審議が衆院憲法審査会で行われていないことに関し「止めているのは立憲民主党の辻元清美国対委員長だ。(有権者の)利便性を追求したごく当たり前の法案でさえ国会で足止めを食らっている」と批判した。
 中谷氏によると、辻元氏は森友・加計学園問題での関係者の証人喚問要求に与党が応じていないことなどを理由にしているという。中谷氏は「『こんな横暴、理不尽はおかしい』という声を上げてくれれば議論ができるはずだ」と呼び掛けた。
出典:憲法審査会めぐり辻元氏批判=自民・中谷氏:時事ドットコム

法案そっちのけで「モリカケ」

国民投票法改正案は、憲法改正を問う国民投票の環境を整える内容が含まれており、自民・公明の与党に加え維新と希望の党の4党共同で27日に提出された。改正案では、駅や商業施設で投票が可能となる共通投票所の設置や、天災や悪天候を理由とした期日前投票や投票時間の変更などが可能となる、また、船員の洋上投票が実習生が対象とされていなかった問題も解消される。

このような重要な法案審議を、モリカケパフォーマンスのために足止めしているのが立憲民主党の辻元清美国対委員長だというのだ。国民民主党も改正案には前向きではあるが、立憲民主党に歩調を合わせ「モリカケ」「問責決議案」などのパフォーマンスを捨てきることができない状況だ。

森友問題・加計問題を追及するのもよいが、有権者にとって重要な法案を審議しない理由にはならないだろう。辻元清美国対委員長は、国民の権利を人質にして与党に要求を突き付けているということに罪の意識はないのだろうか?

関連:速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【唯一神】又吉イエスが政治活動を終了「健康がすぐれず、回復して政治活動・選挙活動をするのは無理」【唯一神】又吉イエスが政治活動を終了「健康がすぐれず、回復して政治活動・選挙活動をするのは無理」

W杯の悲劇!交差点でハイタッチしようとした男性がカウンターパンチを食らう事案発生W杯の悲劇!交差点でハイタッチしようとした男性がカウンターパンチを食らう事案発生

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP