最悪!国民民主・羽田議員「靖国を参拝する会」から脱会を検討、野党統一候補になるため市民団体に媚びる


最悪!国民民主・羽田議員「靖国を参拝する会」から脱会を検討、野党統一候補になるため市民団体に媚びる

2014年の参拝、一番奥が羽田雄一郎議員

 国民民主党の羽田雄一郎参院議員は13日、長野県松本市で開かれた野党共闘を考える市民団体の集会で、自身が副会長を務める超党派議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」から脱会する可能性を示唆した。2016年から改選数が1議席となった参議院長野県選挙区の野党統一候補になるためには、市民団体から靖国参拝の理解が得られないと感じたようだ。

 国民民主党の羽田雄一郎参院議員(長野選挙区)は13日、自身が参加する超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」について、「参加し続けるのかどうかも含めて考えている」と述べ、脱会を検討していることを明らかにした。長野県松本市で開かれた今夏の参院選での野党共闘を考える市民団体の集会で述べた。

 同選挙区は、2016年から改選数が1に減少。自身が改選を迎える今夏の参院選を巡り、野党間で候補の一本化が協議されている。

 羽田氏は集会後、「会には安倍首相に参拝してもらいたいと言う人もいる。そことくみして良いのかということは最近考えていた」と説明した。
出典:靖国参拝議連から脱会を検討 国民民主・羽田雄一郎氏 – 共同通信

スポンサーリンク

民主党政権で現職閣僚として参拝

 羽田雄一郎議員といえば、2012年の民主党政権下で初めて現職閣僚として終戦の日に靖国神社に参拝した人物である。しかし、その際にはあくまで私的参拝を強調し「内閣としての公式参拝自粛は私の考え方と変わりない。近隣諸国に配慮すべき。特に首相、官房長官、外相は自粛すべきだ」と言い訳がましいコメントして批判を浴びている。
参考:羽田国交相の理解に苦しむ靖国発言 : 島田洋一ブログ

 羽田雄一郎議員は昨年7月、文部科学省汚職事件において、贈賄容疑で逮捕された医療コンサルタント会社の元役員が羽田議員の政策顧問を名乗っていることが発覚し、その元役員の妻を名乗る人物から名刺の画像も公開されている。
参考:谷口浩司のホームページ | 谷口浩司を信じる妻の疑問

 立場を悪くしている羽田議員にとって、改選数が1議席となった長野県選挙区で自民党候補に競り勝つためには、野党統一候補として共産党などの票を回してもらう必要がある。しかし、羽田議員が左派の支援を受けるにあたって、自身が靖国に参拝する会の副会長であることがネックとなり、市民団体の前で脱会と参拝中止を示唆したようだ。

 最低最悪の保身であり、靖国参拝の是非以前に議員として人として信用ならない男だ。

関連:NHKこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、映像も差し替え 発生当初は「新聞紙」と矮小化
関連:希望の党公認候補「拉致問題も経済停滞も靖国に参拝しないのもネアンデルタールの血が原因」若狭塾出身

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日新聞の世論調査「どの政党を支持?」「消費税引上に賛成?」「ペットも家族の一員だ」←これいるか?

【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族のとった行動は?【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族がとった行動は?





最近の記事

  1. 東京新聞の望月衣塑子さん、官房長官会見から「記者クラブ」に関する発言部分をカットした動画を拡散!
  2. 小池晃議員がユーチューバーに!→足立康史議員「破防法監視対象No.2、とうとうタマキンの仲間入り」
  3. 大阪w選挙でフェイクニュース「小西候補が背を向けて頬杖をつく」←フリップを覗き込んだ瞬間を切り取り
  4. NGT山口真帆さんがついに暴露!運営の会見中「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」
  5. イチロー引退でアベガー!の理由→WBCで韓国が激怒した発言「30年間日本に勝てないと思わせてやる」
  6. 基地関係ない?元今帰仁漁協組合長「戦前から漁業やってるがジュゴン見たことない」ダイナマイト漁で激減
  7. 共産党地区委員長「君が代が嫌いなので歌いません」批判リプにも態度最悪「いい影響あるかもしれねーよ」
  8. 小西ひろゆき議員、また首相に暴言「馬鹿や恥知らずの次元ではない。狂人のレベルだ」堂々ヘイトスピーチ
  9. 足立康史議員が国会で「NHKディレクターが共産党系団体で講演」→共産党議員「国会から退場いただく」
  10. 立憲民主議員、ジュゴンの死因に「工事の影響とは認めない可能性が」←だって辺野古とは反対側の海だから



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP