朝日新聞が報じないDeNA筒香の声「新聞社が高校野球主催、子供に良くないと思っている方は沢山いる」


朝日新聞が報じないDeNA筒香の声「新聞社が高校野球主催、子供に良くないと思っている方は沢山いる」

 プロ野球横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手(27)が25日、日本外国特派員協会で会見を開き、高校野球について「高校の部活に大きなお金が動いたり、教育の場といいながらドラマのようなことを作ることもある」と苦言を呈し、新聞社が主催しながら悪い部分を伝えきれていないと語った。
(動画開始57分30秒から)

プロの世界ではファンの方があってのプロ野球選手だと僕は思っていますし、そこに試合を見に来る、料金が発生するのは当然のことだと思いますが、高校野球で言うと高校の部活に大きなお金が動いたり、教育の場といいながらドラマのようなことをつくるようなこともあります。新聞社が高校野球を取材(注1)していますので、子供たちにとって良くないと思っている方はたくさんいると思いますが、なかなか高校野球の悪というか、全てを否定しているわけではありませんが、子供たちのためになっていないという思いをなかなか伝え切れていないのが現状かなと思っています。
※注1 THE PEGEでは文脈から「取材」としているが実際は「主催」と言っている
出典:DeNA・筒香選手が会見 若年層育成の現状に警鐘(全文2完)指導者は常に頭をアップデートすべき(THE PAGE)

朝日新聞と毎日新聞は発言をスルー

 この会見について、マスコミ各社は筒香選手の提言として報じているが、高校野球を主催している朝日新聞や毎日新聞は「新聞社が主催している」という部分を報じていない。一方でスポーツ新聞の「スポーツ報知」は、記事の最後で「メディアの報じ方にも問題提起した」と付け加えている。
参考:【DeNA】筒香、高校野球にも球数制限を!「大事なのは子どもたちの将来」:スポーツ報知

 当の朝日新聞と毎日新聞といえば、主催者としての対応や報じ方には言及せず高校野球全体の問題部分だけを記事にしている。
朝日:「目先の勝利ではなく子どもの将来を」 ベイ筒香が提言
朝日:子どもの野球環境、筒香が提言
毎日:DeNA筒香「子供の将来考えて」 過度な指導、勝利至上主義に警鐘 外国特派員協会で
毎日:プロ野球:DeNA・筒香「子供の将来考えて」 日本野球指導法に警鐘

 夏の甲子園大会では熱中症の問題などが指摘され、一人の投手が連投し肘を酷使する問題も注目されているが、朝日新聞と毎日新聞は当事者として向き合うべきだろう。

関連:朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
 
 

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

映画「ボヘミアン・ラプソディ」監督にセクハラ疑惑、本人は否定「同性愛者を嫌悪する記者による中傷」映画「ボヘミアン・ラプソディ」監督にセクハラ疑惑、本人は否定「同性愛者を嫌悪する記者による中傷」

朝日新聞「韓国疲れだ。日本を米西海岸沖に移したい」←防衛省幹部の証言とは思えない、嘘くさい朝日新聞「韓国疲れだ。日本を米西海岸に移したい」が「朝鮮半島と付き合ってくしかない」←御社の願望?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP