立民議員「IoT無差別侵入?国会で説明なかった!」足立康史議員「説明あった。ボーっとしていただけ」


立民「IoT機器無差別侵入?国会で説明なかった!」足立康史議員「説明あった。ボーっとしていただけ」

川内議員がボーっとして確認しなかった「マンガで分かる!電気通信事業法の一部改正について」的なもの

 総務省が家庭や企業にあるインターネット家電などのいわゆる「IoT機器」に無差別に侵入し、対策が不十分な機器を洗い出し調査を行うことに関し、立憲民主党の川内博史議員は「異常。昨年の国会での法案審査時に、そのような説明は一切なかった。騙し討ちに等しい。来週からの国会で、徹底的に問題にする。」と息巻いた。
 しかし、日本維新の会・足立康史議員によると、法律案の条文は示され説明もあり、日本共産党は反対討論も行っていたという。単に川内議員がボーっとしていただけのようだ。


スポンサーリンク

総務省は関連資料をHPで公開

 足立議員は国会での野田聖子総務相(当時)の答弁もツイッターに投稿している。


 野田総務相の説明のとおり、無差別と言ってもセキュリティーを無理矢理突破するわけではなく、不備のあるパスワードなど(類推されやすい、初期設定のまま、1234など)を入力するものであって、通常設定されたパスワードを総当たりなどで割り出すようなものではない。

 それらは、足立議員が示した総務省のHPで関連資料が公開されている。
平成30年5月23日 電気通信事業法及び国立研究開発法人情報通信研究機構法の一部を改正する法律(平成30年法律第24号)
要綱←ここで特定アクセス行為について確認できる
法律・理由←二九頁から国立研究開発法人情報通信研究機構法改正について記載
ボーっとしてる議員用に「マンガで分かる!電気通信事業法の一部改正について」的なものも公開されているので、立民議員はこれくらいは把握しておいてほしい。
立民「IoT機器無差別侵入?国会で説明なかった!」足立康史議員「説明あった。ボーっとしていただけ」
立民「IoT機器無差別侵入?国会で説明なかった!」足立康史議員「説明あった。ボーっとしていただけ」
出典:総務省|新規制定・改正法令・告示 法律

 今回の件は「無差別侵入」と言う言葉が独り歩きして「不正アクセスではないか?」と話題になっているが、示された資料のとおり不正アクセスではない。ただし、多くの有権者にとっては周知されていたとは到底思えず、不安を訴えるのは当然のことである。とはいえ、国会議員が資料も確認せず「説明がなかった」とSNSに投稿するのは感心できない。
 国会議員がこれでは有権者は余計に不安になる。

関連:民放テレビ局は視聴者の情報を取得している!郵便番号やIPアドレスも自動送信、拒否設定が必要
関連:維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日新聞「韓国疲れだ。日本を米西海岸沖に移したい」←防衛省幹部の証言とは思えない、嘘くさい朝日新聞「韓国疲れだ。日本を米西海岸に移したい」が「朝鮮半島と付き合ってくしかない」←御社の願望?

毎日新聞客員編集委員「大坂なおみが米国籍選択すると安倍政権が倒れるぞ!どうする?」←どうもしません毎日新聞客員編集委員「大坂なおみが米国籍選択すると安倍政権が倒れるぞ!どうする?」←どうもしません





最近の記事

  1. 翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到
  2. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!
  3. 和田政宗議員「帰国の意思ないと発信させ世論誘導」拉致被害者情報のリーク元に警戒
  4. 共産党・志位委員長「前天皇は侵略戦争の最高責任者だ」韓国国会議長の発言に同調し安倍首相の謝罪を要求
  5. 足立康史議員「フラフラなのは辻元さん。外国人献金や連帯ユニオンの問題が効いていて、酷くおとなしい」
  6. 独自取材!皇室に関する教育プリントを作成した教諭を叱責、報復人事か?生徒に無断で回収・廃棄した学校
  7. 岩手県知事「精神分析の対象」と安倍首相を中傷、議員時代にも田中真紀子に「虚言壁、精神分析の対象」
  8. 室井佑月が天皇謝罪発言に「安倍首相でもいいと言っている、聞いてみる余地はまだある」←ありません
  9. 元民主党の衆院議員が政権時代を「私にとっては悪夢である」「安倍総理の方が、この場合は一枚上手だ」
  10. マスコミの切り取りか?桜田五輪相「池江選手、がっかり」発言の全文を確認せず追及する野党に問題は?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP