検証「沖縄・自衛隊反対派のプラカードの文字が日本語じゃない」は本当なのか?→外国人説はデマでした


検証「沖縄・自衛隊反対派のプラカードの文字が日本語じゃない」は本当なのか?→外国人説はデマでした

 沖縄県石垣市の自衛隊配備に反対する住民のプラカードの文字がおかしいと話題になっている。
 自衛隊の文字が中国の簡体字そのものだと指摘され、反対しているのは日本人ではないというネット記事をアノニマスポストやnetgeekが掲載し拡散しているが本当なのだろうか?

・netgeekが掲載した写真(当サイトで顔を隠しました)
検証「沖縄・自衛隊反対派のプラカードの文字が日本語じゃない」は本当なのか?→外国人説はデマでした
・アノニマスポストが掲載した写真(当サイトで顔を隠しました)
検証「沖縄・自衛隊反対派のプラカードの文字が日本語じゃない」は本当なのか?→外国人説はデマでした

 これらの写真に関する話題は、某有名な保守系アカウントが「日本語ではない」とSNSに投稿したことに端を発し、そこにアノニマスポストがデマを付け加えて拡散、netgeekが追従したものである。写真にある文字は「自衛隊」の略字であり日本語。また、土地区画を示す境界標でも使われている文字であることを以下に解説する。

スポンサーリンク

日本語として使用されている証拠

 この写真が出回った当初から指摘されていたが、これは簡体字ではなく「略字」である。土地区画を示す境界標の「防衛省」もこの略字が使用されている。また、左翼が好んで使用した「ゲバ字」だという指摘もあるが、ゲバ字は略字が元になっており、問題の「自衛隊」に使われた文字も紛れもない日本語である。自衛隊を歓迎する横断幕でも採用されている。

 また、中国の簡体字で自衛隊を返還すると他の文字が出てくる。
参考:「日本の漢字」・「中国語漢字(簡体字・繁体字)」相互変換ツール
検証「沖縄・自衛隊反対派のプラカードの文字が日本語じゃない」は本当なのか?→外国人説はデマでした

 netgeekでは記事掲載当初、以下のような文言があったが現在は削除されている。

おそらく「自衛隊」を「自征隊」と間違えたのではないか。それにしても征の漢字も間違えているので日本語ネイティブでない外国人だろう。

 間違いに気が付いたのなら記事を削除すればいいのだが、未だに「テロップをつけるなら「住民」ではなく「外国人」としてほしい。」と記述したままで記事を撤回していない。

 差別で飯を食っている連中は、恥という概念がないのだろう。

関連:【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯
関連:BuzzFeedが捏造疑惑から削除で逃亡!悪質な写真加工、事実無根と指摘されたコンビニ成人誌の記事

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【動画】立憲民主・川内博史「オスプレイは15トン、鉄は1トン1万円だから本当は15万円なんですよ」【動画】立憲民主・川内博史「オスプレイは15トン、鉄は1トン1万円だから本当は15万円なんですよ」

毎日新聞取締役「チリ大地震とスマトラ大津波とチェルノブイリとシリア難民が同時発生した東日本大震災」毎日新聞取締役「チリ大地震とスマトラ大津波とチェルノブイリとシリア難民が同時発生した東日本大震災」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
  2. 埼玉県知事選断念の行田邦子氏が青島健太候補(自公推薦)の支持を表明!後援会から「出馬取りやめを熟慮せよ」野党統一候補一本化の圧力か?
  3. 津田大介から未来の女性アーティストへ「トリエンナーレ以降、女性アーティストが活躍する機会が増え、セクハラも減ったそうですよ」
  4. 自衛隊イベント抗議の共産党市議「人殺しの訓練は事実」レンジャー訓練に反対した田村智子議員の発言を擁護
  5. 河村たかし名古屋市長「大村知事の自作自演。中止も検証委員会も相談なし、実行委員会開催を要望しても無反応」
  6. N国党の立花孝志代表が高須院長をブロック「対話を求める僕をブロックするなんて・・・立花先生タブスタ」
  7. NHK「全日本大失敗選手権大会」放送中に大誤報「台風10号 大阪 滋賀 三重で9人死亡」←昨年のテロップを誤って使用
  8. 中学のテストに旭日旗「世界に見せたれ!日本人のど根性」→校長「不適切な図が載っていたので回収する。迷惑をかけて申し訳ない」
  9. 器物損壊の日本共産党市議に辞職要求→本人「やめる必要はない」「違法駐車のミラーだ、謝罪はしない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP