炎上!舛添要一がピエール瀧と新井浩文を擁護「品行方正はいらない、だから常人に不可能な創造ができる」

SNS

炎上!舛添要一がピエール瀧と新井浩文を擁護「品行方正はいらない、だから常人に不可能な創造ができる」

 前東京都知事の舛添要一氏がツイッターで、コカイン使用の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧について「品行方正な芸人に魅力はない。ピエール瀧、新井浩文、勝新太郎。芸人はマージナルマンである。だから、常人に不可能な創造ができる。」とツイッターに投稿し炎上している。

 ピエール瀧と勝新太郎はコカイン、新井浩文は強制性交で逮捕されている。舛添氏はこれも芸の肥やしだとでもいうのか?

販売自粛に対するツイートか?

 麻薬や性犯罪で創造したものなどクソ喰らえとしか言いようがないのだが、どうやら舛添氏は過去の作品まで自粛する動きに対して「品行方正な芸人に魅力はない」と言っているようだ。

 確かに、販売自粛や公開中止には理解に苦しむところがあるが、独創的な作品や演技が麻薬や性犯罪による高揚感によるものであったと疑われれば、企業としてはそれを商品として扱いにくいだろう。犯罪と作品に関連性が無いのであれば映画などを公開中止にする必要はないのだろうが、そのあたりの線引きは非常に難しい。

 とはいえ、今回の舛添氏のツイートは、麻薬を使用したり性犯罪などを犯すことが独創的な演技や作品を生み出しているともとれる内容で極めて不適切だ。麻薬犯罪と性犯罪を比較するつもりはないが、特に新井浩文の性犯罪に関しては、彼の名演と絡めるのは無茶苦茶な擁護としか思えない。

 これで日本の首都・東京の知事だったと思うとゾッとする。

関連:鳥越俊太郎「私に聞きたいことある?」で無事炎上→「バージンだと病気だと思われるって本当ですか?」等
関連:【アベガー!発症】志葉玲、広河隆一の性暴力に政権批判を絡め炎上!同業者からも疑問の声が相次ぐ事態に

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で