自民・大西議員が大阪市談合事件で橋下徹氏や吉村洋文氏を犯人扱い「大阪地検特捜部が動いてるのが証拠」


自民・大西議員が大阪市談合事件で橋下徹氏や吉村洋文氏を犯人扱い「大阪地検特捜部が動いてるのが証拠」

 大阪ダブル選挙で、維新への対立姿勢を強める自民党の大西宏幸衆院議員が、大阪市の電気工事談合事件で職員が逮捕された事件について、まるで維新所属で市長を務めた橋下徹氏や吉村洋文氏が事件に関与しているかのようなツイートを行っている。


名誉棄損との指摘が殺到も

 大西議員は「大阪市長も維新、大阪市議会議長も維新。役人が維新の肝が無ければ人生賭けてギャンブルは出来ないでしょう。」「この10年間大阪市を支配していたのは維新、市長や実力者が絡まなければ役人が汚職に染まることはない。」などと投稿しているが、選挙妨害目的の流言飛語と取られても仕方ない醜悪な内容だ。
 これには多くの人から「名誉棄損では?」と指摘が相次ぐ。
 しかし、大西議員は「事実、地域の警察が動くべき官製談合事件が異例の大阪地検特捜部が動いてるのが証拠。よく考えなさい。」と完全に確定したかのように言い切ってしまっている。

 特定の事件と逮捕者に関することで、維新の市長が絡んでいると選挙中に発信したのであれば、何らかの法的な対処が必要なのではないだろうか?

関連:高須院長「共産党と共闘する輩は全て蛆虫だと思う」共産党と手を組む大阪自民を批判、維新の会にエール
関連:動画!足立康史議員「共産党は国と皇室を破壊する」小池書記局長の「維新の都構想は自治体を破壊」に反論

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

デマ!辺野古署名のロブ・カジワラ「日本政府が辺野古に有毒土砂、池江選手はこれで白血病を発症した」デマ!辺野古署名のロブ・カジワラ「日本政府が辺野古に有毒土砂、池江選手はこれで白血病を発症した」

立憲民主党が元AKBの母親を擁立→枝野代表「枝野の趣味で何かが動いていることはありません。」立憲民主党が元AKBの母親を擁立→枝野代表「枝野の趣味で何かが動いていることはありません。」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP