石田純一の出馬会見は参院選「野党共闘」の為に仕組まれた?


第4回「社長になって下さい」
きのうの敵は今日も敵第4回「社長になって下さい」

案の定。石田純一は出馬を断念した。
全ては「市民団体」により仕組まれていたのではないだろうか?

石田純一は11日夕方の会見で、どんな人に次の都知事になってもらいたいか?と問われこう言い放ったそうだ。
「いろいろ政策を訴えていても、実際になかなかできていないじゃないですか。なので、本当に実行していただきたいし、できることを言っていただきたい。」

お前が言うな!
時間的に不可能な「野党統一候補構想」をぶち上げ、予想通りの「時間切れ」で出馬断念の会見をしている男がどの口で?

正体不明の「市民団体」に利用されることを、分かっていたのか?
その市民団体の思惑を考察すれば、時期も会見内容も全て仕組まれていたものであることが見えてくる。

スポンサーリンク

出馬会見は参院選「野党共闘」の宣伝

石田純一は出馬を打診してきた市民団体の正体を明かしていない。
諸説あるようだが、間違いないのは左派団体であること。
昨年夏には安保反対デモに参加しているので、その辺りであろう。

舛添前知事は6月15日に辞職の意向を明らかにしている。
本当に市民団体が石田純一を都知事候補に推していたのであれば、早い段階で打診し、民進党へ推薦を求めていたはずだ。
それがなぜ、時間的にもほぼ不可能とされる7月8日になって急遽会見を行い、根回しもないまま「野党統一候補」などと言い出すのか?
会見が行われた7月8日は参院選投票日の前々日だ。
選挙中ということもあり、テレビは委縮し「公平」な放送を心掛けていた。
そんななかで8日に会見を行い、出馬理由としての「安倍政権批判」「野党共闘」をアピールすればどうなるか?
投票日を翌日に控えた9日は「石田純一の出馬!野党共闘・反安倍政権」でメディアが埋め尽くされる。実際にそのようになっていた。

そのまま日は変わり10日の投票日を迎える。
投票日も各局の情報番組は石田純一の「安倍政権批判・野党共闘」を垂れ流し続ける。これが参院選に関することなら放送の中立を保つためにNGとなるが、参院選ではなく「都知事選」ということで各局は遠慮なく放送した。

これは「市民団体」によって仕組まれた参院選「野党共闘」の宣伝と思われても仕方がないだろう。
そうでなければ説明がつかないほど、時期も内容も不自然だ。
前日までボヤいていた「天文学的な違約金」も、実際には請求が無かったことを会見で認めている。娘や息子にも連絡がとれないまま出馬会見をしておきながら、仕事関係者だけには月曜まで待つように話もできていたという。
これは月曜には「出馬断念」の会見を行うことが、あらかじめ予定として組み込まれていたということではないか?

どう考えてもおかしい。「
「参院選野党共闘」宣伝のために仕組まれていたと考えるのが妥当だろう。

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説【増山麗奈】戦後最悪の結果を招いた候補の選挙違反と問題発言

岩上安身、朝日へ「未練、完全になくなりました。」と絶縁宣言





最近の記事

  1. 朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました
  2. 【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は 日本共産党 、選挙区は すやま初美 」
  3. 立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」
  4. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  5. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  6. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  7. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  8. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  9. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  10. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP