楽天オークションが終了、私が楽天を使わない理由


楽天オークション-無料出品&ショッピング!フリマ感覚アプリ!

遂に楽天オークションが終了。
4日には新規出品者登録とショップ登録が停止され、同日、スマートフォンアプリ「ラクマ」がパソコンから出品可能となった。

楽天の判断は「ラクマ」への完全シフトということだろう。
楽天オークションの公式発表でも、代替サービスとして、個人には「ラクマ」を、法人には「楽天市場」を案内している。


スポンサーリンク

楽天はもう使う気がしない

これは「ラクマ」が好調ととるべきか?
楽天オークションが衰退したととるべきか?
少なくともパソコンから見る楽天オークションは、見にくいことこの上なく、あれも見て!これも見て!という、欲張りで情報過多でウンザリする。
本家の「楽天市場」もヤフーやアマゾンの猛追を受け、このままでは喰われてしまうだろう。
何か探している物があっても、楽天では探さないという人も多くなっているのではないだろうか?アマゾンやヤフーは見ても楽天は見ないという人が多そうだ。
実際に、ググって商品を探すにしても楽天の商品がヒットする確率も極端に下降している気がする。私自身、楽天はもう選択肢から外れている。
私が楽天を使わなくなった理由にはいろいろある。

画像だらけで重い、とにかく重い

楽オクはそうでもないが、楽天市場が酷い。
ある商品を確認するためにクリックすると、そのショップの他の商品画像を延々と見せられ、どれが目的の商品であったかも忘れるレベルだ。
そこそこのスペックと回線速度のデスクトップで閲覧しても、読み込み時間が長くイライラする。これはグーグルが嫌うのも納得できる。
こういった手法はインターネット創世記の悪しき慣習に基ずく、儲けのテクニックみたいな銭ゲバ感が半端なく、「ネットオークションで月収100万円」みたいな糞情報商材でも見て作ったんじゃないかと思う。

メールがウザい

楽天で商品を買うと、いつの間にかメルマガに登録され興味のない情報メールがガンガン届くようになる。
メルマガ登録の可否は、見えにくい位置にチェックマークがあり悪質だ。
この手法も「メルマガ戦略で月収100万円」みたいな糞情報商材を参考にしてるのかと思うレベルだ。

無法地帯

楽天側も対応に苦慮し、対策も打ってはいるが無法地帯は改善されない。
「レビューを書いたら送料無料」などはすでに禁止されているようだが、これは明らかに楽天が黙認してきた手法であり、これがオークション評価とレビューの信用を失墜させる結果となった。
数年前には「77%オフ」と謳われたセール品が、実は元値を吊り上げ表示していて、一般売価の77%オフにはなっていない問題が発覚。この問題は、楽天の従業員の指示であったことも発覚し、楽天の信用は完全に地に落ちた。

象牙の取引などでも国際的に批判の的になっており、儲け優先が露骨に外に見えてしまう体質は、ITバブルの化石のようだ。

まあ、楽天さんもこんな商売続けていたら、先はないでしょう。
なにが嫌いって、ダサいから。

小さなオークションを運営している私が言うのもなんですが・・・
http://www.ksl-auction.com

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

夜の国会議事堂安保法制廃止は自民党に求められ、共産党には求められていない

増山麗奈「女性を使い捨てにしない志村けん」女性は使うもの?





最近の記事

  1. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  2. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  3. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  4. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  5. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  6. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」
  7. 立川談四楼、デマで政権叩き「安倍さんは5年半も福島に行ってなかった」今回で18回目の福島訪問でした
  8. 共産党選挙カー無賃駐車問題で地区委員会「そのような事実はない」→投稿者が反論「問い詰められ認めた」
  9. 橋下徹氏「これはアウト」竹山修身選手(堺市長)が1億アップの2億3千万円で更改「恥ずべきとこない」
  10. 反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP