「保育園落ちた」朝日新聞記者が小さなことでも炎上させます宣言


児童福祉法では保育所とは認められていない、無認可で運営されている認可外保育所(無認可保育園)
朝日新聞の仲村和代記者が「保育園落ちた」のその後の情報を求めている。内容としては「高額な認可外に通っている、親に預けているが共倒れ寸前、保育園に入れはしたが、遠方だったりして疲弊している」と、政権批判につながりそうな悲惨なもの限定だそうです。

人の不幸で飯を食う朝日新聞

こんな募集の仕方をすれば現状を批判するだけの偏った情報しか得られないだろう。保育の問題に向き合って活路を見出した人の意見も聞かないと。
この仲村和代記者は「保育園落ちた日本死ね!」の騒動が起きた際に、保育園落ちた人を名乗る人物の提灯記事を書いた記者だ。

記者にに対して直接会うことも電話も拒否した真偽不明の人物の暴言をここまで信用できる立派な()記者ですねぇ。
その立派な()記者が今度は独自に「保育園落ちた」で政権を批判してくれる人を募集しているのです。不幸話なら盛ってもOKなんでしょうか?
なお、悲惨な不幸話はあまり集まっていないらしく、未だに仲村和代記者の固定ツイートは昨年のままで「小さなことでもいいので」と募集中。


小さなことを盛に盛って政権批判記事と書かないでしょうねぇ?
小さな事なら記事にはならないと思うのですが・・・

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

琉球ガラス,グラス,泡盛,一升瓶沖縄タイムスは暇なのか?与党系推薦市長の粗探しが醜い

民進党告発!「ブラック求人あるある」連合はこれも報告するよね?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP