Bot作成者は注意!災害発生時にも不謹慎メンションを自動送信


Twitter
10月21日午後2時07分、鳥取県で震度6弱の大きな地震が発生した。
広島県でも大きな揺れが確認され、震度4や3の地域でも今までの同等の地震とは違い恐怖を感じるレベルであった。
私は地震発生時に外出中であったが、余震に備えるよう関係者に連絡を入れ自宅の様子を確認するために帰宅した。一応、自分の近況を伝えるためにツイッターで自宅の状況確認に帰宅する旨をツイートしておいた。

そこでイラっとする問題が発生。
特定の書き込みキーワードに反応し自動でメンションを送るBotアカウントから「おかえりー」という能天気なメンションが送られてきたのだ。

ツイッターはメンション型Botを規制するべき

件の「おかえりー」というメンションは、私の投稿のうち「帰宅」というキーワードに反応し、自動で送られてきたものでBot作成者に悪意はない。
今回の地震で私は被災もしていないし帰宅も支障なくできた。
しかし、東日本大震災や熊本地震のようなパニック状態になると、帰宅する手段を失ったり家族がバラバラに避難することになる。そのような状況下ではSNSが情報共有ツールとして活用されるわけであるが、このようなBotが被災者やその親戚縁者の「帰宅」というワードに反応して多数のメンションを送ることになり混乱を招く。
ツイッター社としては同時間帯に多数のメンションを送るアカウントを一時凍結するなどの対応をしているようだが、ことが起きてからの対応では遅い。

自動で投稿を行うBotは面白い投稿や名言を集めたものが多く、有用と思われるものも多い。しかし、フォロワーにメンションを送るタイプのBotはそこそこ不快なものが多く、私自身もいくつかのアカウントをリムーブしたりブロックしている。

メンション型Botではアカウント説明欄に自身のブログやHPのリンクが貼られており、宣伝誘導目的で作られたもいるものも多い。
こういった自動メンションはスパム行為であり、規約にも違反するものと思われ、ツイッター社は自動メンションを一掃してはどうだろうか?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

民進党の徳永エリ議員が特捜部を騙して起訴猶予ゲット→再捜査へ

広島エルドレッドさんコストコ行ったら火事→イオンモール行くの巻

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP