【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡


全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらかしておいて、毎日新聞は記事を改ざんして逃亡した。

当サイトが誤報を指摘したのちに、タイトルと内容を改ざんして、毎日新聞は誤報を隠蔽している。
↓改ざん後の記事

しかし、ここで「消すと増える法則」の発動です。
保存しておいたスクリーショットを晒してやる。

スポンサーリンク

別人への殺人容疑をかけておいて逃亡

これが保存しておいたスクリーンショット画像だ。
毎日新聞の記事改ざん、進撃の巨人

これが現在ではこうなっている。
毎日新聞進撃の巨人記事を改ざん後

タイトルは、

改ざん前 妻殺害容疑 講談社社員を逮捕 「進撃の巨人」元編集者

改ざん後 妻殺害容疑 講談社編集次長を逮捕 警視庁

記事の内容で別の人が疑われる結果となった部分は、

改ざん前 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」を担当していた編集者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

改ざん後 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」が掲載されていた別冊少年マガジンの元編集責任者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

有名な担当編集者と誤解される表現「進撃の巨人を担当していた編集者」という部分が書き換えられている。

また、取材時に講談社からも指摘されたものと思われる記述が追加されている。

改ざん前 講談社広報室は「情報収集中のため、現時点では答えられない」としている。

改ざん後 講談社広報室は「このような事態になり大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処してまいります」とのコメントを出した。

追加の取材を行なったか、講談社から抗議を受けてコメントが変更されたものと思われるが、何れにしても「元編集者」と別人への殺人容疑を誤った伝え方をし、誤報による騒動を起こしておいてこっそり改ざんして毎日新聞への責任追及から逃れようとする態度は無責任で卑怯だ。
誤報を打つことはジャーナリストにとって致命的だが、その隠蔽を行うことは自殺行為に等しい。
毎日新聞はなんらかのコメントを出し、記事を書いた神保圭作、深津誠、春増翔太の3名に聞き取り調査を行うべきでは無いだろうか?

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【毎日新聞の大誤報】「進撃の巨人」元編集者逮捕はデマと判明!

毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 山尾志桜里「国会は死んだ」→念願の「日本死ね計画」が一歩前進か?
  2. 共産党が隠蔽・改ざん!麻生大臣をブタで擬人化したマンガ「臭いものにブタ!」のコマをこっそり差し替え再公開
  3. 元SMAPのテレビ出演にジャニーズ事務所が圧力?公取委が注意←応じた民放の責任をジャニーズ出演の報道番組はどう伝えるのか
  4. 共産党に大ブーメラン!麻生大臣を「ブタ」で擬人化するマンガを公開→批判受け削除、自民党の冊子より悪質な内容
  5. 【改憲・広島代理戦争】鈴木宗男の街宣中に自民・河井あんりがバッタリ!ムネオ節で「河井支持」呼び掛け改憲勢力が結集
  6. ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
  7. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  8. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  9. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP