【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡


全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらかしておいて、毎日新聞は記事を改ざんして逃亡した。

当サイトが誤報を指摘したのちに、タイトルと内容を改ざんして、毎日新聞は誤報を隠蔽している。
↓改ざん後の記事

しかし、ここで「消すと増える法則」の発動です。
保存しておいたスクリーショットを晒してやる。

スポンサーリンク

別人への殺人容疑をかけておいて逃亡

これが保存しておいたスクリーンショット画像だ。
毎日新聞の記事改ざん、進撃の巨人

これが現在ではこうなっている。
毎日新聞進撃の巨人記事を改ざん後

タイトルは、

改ざん前 妻殺害容疑 講談社社員を逮捕 「進撃の巨人」元編集者

改ざん後 妻殺害容疑 講談社編集次長を逮捕 警視庁

記事の内容で別の人が疑われる結果となった部分は、

改ざん前 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」を担当していた編集者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

改ざん後 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」が掲載されていた別冊少年マガジンの元編集責任者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

有名な担当編集者と誤解される表現「進撃の巨人を担当していた編集者」という部分が書き換えられている。

また、取材時に講談社からも指摘されたものと思われる記述が追加されている。

改ざん前 講談社広報室は「情報収集中のため、現時点では答えられない」としている。

改ざん後 講談社広報室は「このような事態になり大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処してまいります」とのコメントを出した。

追加の取材を行なったか、講談社から抗議を受けてコメントが変更されたものと思われるが、何れにしても「元編集者」と別人への殺人容疑を誤った伝え方をし、誤報による騒動を起こしておいてこっそり改ざんして毎日新聞への責任追及から逃れようとする態度は無責任で卑怯だ。
誤報を打つことはジャーナリストにとって致命的だが、その隠蔽を行うことは自殺行為に等しい。
毎日新聞はなんらかのコメントを出し、記事を書いた神保圭作、深津誠、春増翔太の3名に聞き取り調査を行うべきでは無いだろうか?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【毎日新聞の大誤報】「進撃の巨人」元編集者逮捕はデマと判明!

毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定




最近の記事

  1. 共産党が議員のセクハラ隠蔽!市議団が消滅→同日の国会・吉良よし子「萩生田大臣!就活セクハラは泣き寝入りよ!」
  2. 検証「安倍総理、秘書官時代にジャパンライフ会長が外遊に同行」→テレ東の捏造と判明!国会議事録を切り貼りつなぎ
  3. ジャパンライフの「お中元リスト」野党議員10人の名前を削除して公開、日刊ゲンダイが共産党の隠蔽工作に協力か?
  4. 枝野氏、立民・国民・社民の合流打診→維新・松井代表「自分たちのための野合談合、公約なんてあってないようなもの、政治的信念がない」
  5. 共産党の西東京市議が役所内で赤旗の勧誘や集金→市長「現状を改める必要がる」→共産党「憲法ガー!」
  6. 医師の背中に巨大な蛾!?ツイッターで話題になるもフェイク画像と判明!その正体と手法は?
  7. 中村哲さん死亡でアベガー陰謀論→活動家「また埼玉が狙われた。先月、下関市で安倍批判→殺された」埼玉出身の中村哲さんは同姓同名の別人
  8. ポチっとな!立憲民主党の勝部けんじ議員、本会議で投票ボタンを押し間違い→日米貿易協定に賛成してしまう
  9. ちくわ一揆!れいわ新選組「のり弁のちくわが半分に、消費増税の悪影響」→ほっともっと公式「ちくわの大きさを変更した事実はございません」
  10. スクープ動画!マスコミ関与のジャパンライフ資料を共産党が隠蔽か「微妙なもので配布できない」→別の野党議員が配布するも無かったことに



最近の投稿

PAGE TOP