【炎上】民進党の藤末議員「電車遅れたら無料にしろ」に批判殺到


藤末健三
民進党の藤末健三議員のtwitterが炎上している。
19日に大幅な遅延のあった田園都市線に立腹した藤末議員は「遅延度に応じて料金を割り引く制度の導入」「30分以上遅れたら無料にすべき」と暴論を展開した。

このツイートに対しては「審議拒否・欠席・乱闘でも歳費をもらっている」「安全運行軽視」と600件以上の批判が殺到。ここまでの炎上となった理由は、2007年に発生し107名が死亡したJR福知山線脱線事故の教訓を完全に無視しているからだ。

考えずに発信する愚かな議員

この藤末議員の問題は、怒りに任せて薄っぺらい持論を展開していることだ。
遅延による返金を厳しくすれば、遅延を恐れた運転士がどうなるか?
ふつうはここでJR福知山線脱線事故を思い出すだろう。

また、遅延して返金が発生するくらいならダイヤ調整は行わず、いっそのこと運行中止にしたほうが企業としては儲かる仕組みが出来上がってしまう。

そもそも運賃は移動の料金であって、時間に対する料金ではない。

あと、鉄道会社は独占企業ではない。
前原さんや石破さんに教えてもらえ。

国会審議拒否や退席・乱闘で無駄な時間を費やす民進党が「遅れ」を批判するのは特大ブーメラン。
今のところ謝罪する様子はなく、フェイスブックで謎の言い訳を披露しているだけ。民進党は蓮舫さんを筆頭に謝ったら死ぬ病気の議員が多いようだ。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

社民党が点字ブロックの上で街頭演説、増山麗奈は期待を裏切らない

【保護なめんな】クレストに込められた本当の意味を知っているか?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP