【保護なめんな】クレストに込められた本当の意味を知っているか?


リバプールFC エンブレム ポスター〔psp0043〕
小田原市職員が着用していた「生活保護なめんなジャンパー」、市が謝罪して着用を禁止することとなったがそれだけでは収まりそうにない。
参考:「生活保護なめんなジャンパー」なぜ謝罪する必要があったのか?

クレスト(エンブレム)をパロディとして利用され、リバプールFC公認の公式サポーターズクラブが抗議の意思を示している。クレストに込められた意味を知るサポーターとしては当然の行動である。

リバプールFCのエンブレムには過去の悲劇への思いが込められており、それをパロディにすることは許されない。過去にはスポンサーですらエンブレムの改変画像をツイッターにアップして大バッシングを受けている。

リバプールエンブレムの意味

リバプールFCのエンブレムをモチーフにしたエンブレム、これがどうしてサポーターを激怒させるのか?
それはリバプールの歴史を知れば、決して許されるものではないのだ。

リバプールのクレストには左右にが添えられている。
この炎は過去に起きた2つの悲劇を表している。

ヘイゼルの悲劇

過激なサポーターの暴力行為、いわゆる「フーリガン」の行動でクラブに重大な処分が下された最初の事件と言われている。
1985年5月29日にベルギー・ブリュッセルにあるヘイゼル・スタジアムで行われたUEFAチャンピオンズカップ1984-85決勝のリヴァプール(イングランド)対ユヴェントス(イタリア)の試合前に起きたサポーター同士の衝突がきっかけとなり、39人が死亡し400人以上が負傷する。

ダフ屋の横行により適切なサポーター席の区分けができず、過激なリバプールサポーターの区画にユヴェントスサポーターが隣接してしまったことが原因とされる。リバプールサポーターは試合前からユヴェントスサポーターに向け投石などの挑発を繰り返し、遂には金網フェンスを破壊して煉瓦や鉄パイプを武器になだれ込み襲撃し、逃げ惑う群衆が老朽化した壁などによじ登るなどしたため壁は崩落し負傷者が出る。そこに押し寄せる群衆が、さらに多くの人を押しつぶす形となる大惨事となった。
この事件でイングランドのフーリガニズムが批判の的となり、イングランドのクラブは数年間に渡り国際試合から追放される処分を受けた。
出典:ヘイゼルの悲劇 – Wikipedia

ヒルズボロの悲劇

1989年4月15日にイングランド・シェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われた、サッカー・FAカップ準決勝のリヴァプール対ノッティンガム・フォレスト戦において、「テラス」と呼ばれるゴール裏の立見席に収容能力を上回る大勢のサポーターが押し寄せ死者96人、重軽傷者766人を出した事故。
事故原因について当初はフーリガニズムとの関連性が指摘されたが、同年8月と1990年1月に公表されたテイラー・レポートは警備側の観客誘導の不備にあったと結論付けた。この事故はイギリスのスポーツ史上最悪の事故と評されている。
出典:ヒルズボロの悲劇 – Wikipedia

こういった悲惨な事故を表すエンブレムをパロディにされれば、サポーターとして黙っているわけにはいかないだろう。

過去にはスポンサーが謝罪する事案も

このリバプールのエンブレムを改変して、サポートを激怒させた企業がある。
それはなんと、リバプールのスポンサーである「ダンキン・ドーナツ」だ。
ダンキン・ドーナツ社は2015年公式ツイッターで「リバプールのエンブレムが好きかい? 自分のロゴが欲しい人は、ツイートしてくれたら僕たちが作ってあげるかもしれないよ」とツイートしリバプールのエンブレムをモチーフにしたオリジナルのエンブレムを公開した。
この改変されたエンブレムでは、2つの悲劇を表す炎の部分がコーヒーに変更されており、これを見たサポーターは激怒した。
抗議を受けたダンキン・ドーナツ社は「リバプールのエンブレムをモチーフにしたプロモーションで、無神経なツイートをしてしまったことを謝罪したい。リバプールのスポンサーとして、サポーターを傷付ける意図があったわけではなかった」という謝罪文を公表することになった。
出典:リバプールのスポンサー企業、エンブレムを軽視するプロモーションでファンから猛反発 | フットボールチャンネル

このように、リバプールFCのエンブレムには特別な思いが込められている。このエンブレムを「イジる」ことは冗談では済まされないのだ。
公式ユニフォームにおいても、2つの炎が胸から襟の後ろに変更されただけでもサポーターや遺族が難色を示すくらいだ。

本当のリバプールサポーターなら、このようなエンブレムパロディは行わないという公式サポーターズクラブの意思表明は当たり前だ。
こういった経緯を一切調べることもなく、小田原市のジャンパーを絶賛し「大目に見たほうがリバプールの格が上がる」とか寝言を書いちゃうnetgeekは実に「浅い」と思った次第であります。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【炎上】民進党の藤末議員「電車遅れたら無料にしろ」に批判殺到

民進党長島昭久議員のツイッターが中国勢の攻撃を受ける怪事件発生

SNS・RSSフォロー

定期購読マガジン&メルマガ

最近の記事

  1. コロナに効く!朝日新聞デジタル「朝日新聞の正確な情報をご覧いただくことで新型コロナの不安やストレスを軽減、心身の健康維持の一助となる」
  2. 野党「緊急事態宣言が遅い」→維新・松井代表「無責任な野党は桜と森友、彼らこそ閉じこもって、もう出てこないで」
  3. 前川喜平「アパホテルにだけは泊まらない。思想感染地帯だから」→立憲・塩村あやか議員が「いいね」で賛同
  4. 蓮舫が本音投稿「感染拡大のための協力は惜しみません」→慌てて削除するも時すでに遅し・・・
  5. 枝野「立憲民主党はあなたです」→N国を除名された無所属候補が立憲民主党の選挙カーを用意して走り出す事態に
  6. 中国が日本のマスクを横取り?→アイリスオーヤマ「全量を日本に向けて輸出している」デマ発信源はモーニングショー
  7. おしゃべり蓮舫「今日から学校を一斉休校にするべきだった!宣言に躊躇入らない!」→1か月前の蓮舫「休校要請はすぐに撤回すべきだ!」
  8. 【動画】立憲・枝野会見で記者が暴言「志村けんは感染したくて出歩いた、感染拡大させた当事者で負の遺産みたいな面がある」→枝野困惑
  9. 立憲民主くんがデマ「布マスクの発注先は山口県のメーカー」→「安倍友優遇」名指しされた業者に苦情の電話が殺到
  10. 朝日新聞「安倍の布マスクは効果がない」→朝日新聞ショップ「布マスク 2枚3300円、マスク品薄下の救世主!」

最近の投稿

PAGE TOP