【デマ】JALとANAはトランプの指示で搭乗拒否などしていない


ハセガワ 1/200 JALエクスプレス B737-800 プラモデル 39
写真:ハセガワ 1/200 JALエクスプレス B737-800 プラモデル 39

トランプ米大統領が中東・アフリカ7か国の入国を大統領令で禁止した。
これを受けてJAL・ANAなどの航空会社がトランプの指示に従っているなどという話が飛び交っているが、これは完全なデマである。
また、Yahoo!ニュースで志葉玲さんがデマを堂々と掲載しているが、感情論を書き殴り真実は書かないという姿勢は一貫しているようだ。
トランプ政権が暴走する今だからこそー日本のNGOが塗り固められたイメージと異なる中東を紹介(志葉玲) – 個人 – Yahoo!ニュース

JALもANAも大統領令に従ったのではなく、国際航空運送協会(IATA)が「アメリカが入国を拒否している」と情報を流したことを受けて、相手国から送還されるとわかっていながら搭乗させることは控えるという措置だ。

スポンサーリンク

送還される人間を守る措置

志葉玲さんはYahoo!ニュースにこう書いている。

米国のトランプ大統領が、イラクやシリアなど中東の国々7か国の人々が米国に入国することを拒否する大領領令を発し、JALやANAなどの日本の航空会社もこれに従うなど、今、中東の人々への差別が公然と行われている。
出典トランプ政権が暴走する今だからこそー日本のNGOが塗り固められたイメージと異なる中東を紹介(志葉玲) – 個人 – Yahoo!ニュース

デマもここまで堂々と書くと信じてしまう人もいるだろう。
JALもANAも大統領令に従ったという事実はないし、差別もしていない。むしろ入国拒否される中東・アフリカの乗客を守ろうとしているのだ。
国際航空運送協会(IATA)には強制力がないようだが、加盟する航空会社としては正式に「アメリカの入国拒否」を通知されたことにはなる。これに対してトラブルを回避するために、乗客に正しい情報を伝え適切な案内をしているに過ぎない。
もし、アメリカで入国拒否されると分かっていながら搭乗をさせたらどうなるだろうか?
入国もできないのアメリカの空港に送ったところで、困るのはその乗客だ。送還されるのは確実で、ただ行って引き返すだけで、時間とお金を無駄にするだけ。
この「行って引き返す」を権利だと主張し、搭乗拒否は人権侵害だというのが志葉玲さんや左翼界隈の言い分であるが、入国できない国に強行渡航を試みて混乱を招くのは権利ではない。他の利用者に迷惑がかかる可能性もある。

常識的に考えてみればJALやANAはなにも人権侵害はしていない。
考えてみてほしい。強硬にアメリカの空港までやってきた人間をトランプ政権下のアメリカがどう扱うか?
空港職員とのやり取り次第ではテロリスト扱いされたり、危険人物として認知され他国への渡航も難しくなる。実際に渡航後の入国拒否は履歴に残るので、入国できないアメリカにJALやANAが連れて行ったとしたらそれこそ問題だろう。

無論、このような大統領令が人権無視であることは間違いないのだが、この横暴な大統領から乗客を保護しているのはJALやANAではないだろうか?

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【速報】マルバネクワガタ属の特定外来生物指定が検討される

近藤秀子ツイッターアイコン共産党予定候補の顔写真が詐欺レベルで盛られているが違法ではない





最近の記事

  1. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  2. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  3. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  4. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  5. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  6. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  7. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  8. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  9. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  10. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP