民進党・安井美沙子が暴行罪で事情聴取される 男性転倒で救急車出動


民進党の安井美沙子が暴行罪で事情聴取を受ける
民進党の安井美沙子前参議院議員が16日、愛知県警一宮署で事情聴取を受けていたことが判明した。
路上街宣中に一般男性とトラブルになり相手の男性が転倒、救急車が出動する騒動に発展した。暴行傷害事件の疑いがあり、一宮署が安井前参議院議員に任意同行を求め数時間の事情聴取を行ったものと思われる。
この事情聴取に対し、安井前参議院議員は「勝手に転がって暴行罪だって?ざけんじゃないよ‼️」と激怒している。

今夕は一宮東口で街頭活動をしてたのですが、ある市民に言いがかりをつけられ、警察沙汰となってしまいました。初めて一宮警察署で聞き取り調査をされ今まで掛かりました。至近距離で「お前がお前が」と怒鳴られ指差されながらも丁寧に答え続けたのに、勝手に転がって暴行罪だって?ざけんじゃないよ‼️

安井 美沙子さんの投稿 2017年3月16日

スポンサーリンク

国会内女性暴行事件を不問にした過去

安井前参議院議員は参議院愛知選挙区から衆議院愛知10区へ鞍替えのため、昨年の参議院選挙へは出馬していない。現在は民進党衆議院愛知10区の総支部長を務める。選挙区の総支部長を務める前参議院議員が暴行罪で事情聴取を受けているにも関わらず、民進党はこの事実を公表していない。

安井美沙子氏と言えば、2015年9月16日の安保法案採決時の委員会室前で自民党の佐藤正久議員から暴行を受けたとツイッターで公表、佐藤正久議員から直接謝罪を受けている。

しかし、この一連のやり取りは、同日の議場内で民主党の津田弥太郎参議院議員(当時)が自民党の大沼瑞穂参議院議員に暴行を働いたことに対するカウンターとの見方があり、多くの批判を浴びる結果となった。
津田弥太郎参議院議員(当時)が採決とは関係のない場所で、大沼瑞穂参議院議員を背後から羽交い絞めにし自分の膝の上に載せ投げ飛ばすという酷い暴行を行っているのに対して、安井美沙子氏は佐藤正久参議院議員が「ゲンコツで私の右胸と脇の境目にグリグリと押し込んだ」という暴行なのかどうかも判然としないレベルのことと引き換えに、津田弥太郎の暴行を不問に付す卑怯な手口。

自分は暴行かどうかも判然としない事案で、女性を羽交い絞めして投げ飛ばすという過激な暴力を不問に導いておいて、今回のトラブルは「勝手に転がって暴行罪だって?ざけんじゃないよ‼️」ってのは都合が良すぎるのではないでしょうか?

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

悪質!沖縄県民に成りすまし「沖縄”風”街頭宣伝」左翼が共謀罪反対署名を集める

うれしそうに防災用ヘルメットを着用する玉木雄一郎議員マジメにやれ!衆議院防災ヘルメットで遊ぶ議員、被ろうとしない議員




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
  2. 埼玉県知事選断念の行田邦子氏が青島健太候補(自公推薦)の支持を表明!後援会から「出馬取りやめを熟慮せよ」野党統一候補一本化の圧力か?
  3. 津田大介から未来の女性アーティストへ「トリエンナーレ以降、女性アーティストが活躍する機会が増え、セクハラも減ったそうですよ」
  4. 自衛隊イベント抗議の共産党市議「人殺しの訓練は事実」レンジャー訓練に反対した田村智子議員の発言を擁護
  5. 河村たかし名古屋市長「大村知事の自作自演。中止も検証委員会も相談なし、実行委員会開催を要望しても無反応」
  6. N国党の立花孝志代表が高須院長をブロック「対話を求める僕をブロックするなんて・・・立花先生タブスタ」
  7. NHK「全日本大失敗選手権大会」放送中に大誤報「台風10号 大阪 滋賀 三重で9人死亡」←昨年のテロップを誤って使用
  8. 中学のテストに旭日旗「世界に見せたれ!日本人のど根性」→校長「不適切な図が載っていたので回収する。迷惑をかけて申し訳ない」
  9. 器物損壊の日本共産党市議に辞職要求→本人「やめる必要はない」「違法駐車のミラーだ、謝罪はしない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP