カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。


LINEで送る
Pocket

kabutogeri
今に始まった事ではないが、マイナビニュースのクオリティーが低すぎる。
最近の昆虫に関する記事だけでも、その酷さが分かる。
まずはこれ
「大人のためのクワガタ(成虫)の飼いかた」
(記事削除済)

この記者曰く、
「昔はクワガタのエサといえば砂糖水でしたが、水分が多いものは下痢を起こしやすく寿命が短くなる」
典型的な俗説(デマ)を書いてしまっている。

スポンサーリンク

カブトムシにスイカをあげると下痢になる?

なりません。
変温動物であるカブトムシやクワガタムシの成虫は汗や尿で体温を調節できませんので、分泌や排泄で体温等をコントロールしていません。
同じ変温動物でも固形の餌を摂取する爬虫類や両生類と違い、摂取できる餌は樹液等から液体を毛細管で吸い上げるのみで、常に液状の排泄をし糞と尿の区別はないので当然、固形の糞をしません。
これを「下痢をしている」と誤認、さらにカブトムシが元から短命であることが相まって俗説となっているのでしょう。
この俗説を信じている人は多く、Yahoo知恵袋などではベストアンサーとなることもある。
しかし、昆虫の事を少しで勉強していればこんなデマにはひっかからない。

スイカに含まれる水分量と栄養価のバランスなどを考えた場合、餌としてスイカが昆虫ゼリーに劣るというのは事実かもしれないし、それが寿命に影響していることも否定はできない。
それでも「下痢をする」というのは誤りなのです。

自然下でもカブトムシの主食とされる樹液に全ての個体がありつけるわけではありません。
畑近くの腐葉土で繁殖し、そのまま作物であるスイカや果実に食いつく事も珍しくないのです。

育てた蝶は放蝶が原則?

続いての記事も酷い
「チョウ(幼虫)の飼い方」
(記事削除済)

クワガタの記事と同じ人が書いてるようですが、この記者曰く
「チョウを飼うならば、羽化したあとは放してあげることを前提で、飼うようにしましょう。」
困った人だ・・・

言うまでもないが「逃がさない」が原則です。
その個体が生息している場所、例えば「庭先で捕まえた蝶の幼虫を羽化させそのまま庭先に」っていう条件ならまず問題はないでしょう。
しかし、このへんの境界線(放蝶の是非)は曖昧であるため、原則は逃がさないという方向です。
逃がしてよいとするなら、それ相応の理屈や条件を明示して記事にしなければ誤った捉え方をする読者もいるでしょう。
他所から採集してきた個体を別所へ放蝶するなど論外ですし、それがどの程度生態系に影響するかも、予測も難しい。
詳しくはこの記事を読んで欲しい。
虫を野に放す理由とは何か?

どうしてこんなデタラメな記事に?

取材をしないからでしょう。
マイナビニュースの説明では、各チャンネルに専門の記者がいるらしいですが・・・
どうみてもネットで拾ったネタを繋ぎ合せて記事を書いている。

クワガタの「下痢」など専門の人は書きません。
しかし、一般的なブログなどでは俗説や知恵袋で拾った情報を誤って記載しているので、そこから引用して記事を書いてしまうとこのような事が起こる。

おまけに、もっと酷いのを・・・

マイナビニュースがユニクロのロゴを「QNIULO」という反日デモのときのコラ画像と間違えて掲載
http://getnews.jp/archives/291148

なんということでしょう・・・
目も当てらない。

今回事例として挙げた3件の記事は既に削除されている。
誤りの指摘があれば、即時削除するようだ。
記事へ自信と誇りを持って書いていれば削除せず、訂正記事なり反論なりすれば良いはず。「拾っては書く」という独自性の欠片もないことを繰り返して都合が悪ければ削除すればいいというスタンスか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

奄美市、採集捕獲規制にマルバネ、シカクワ等が指定される

魔法のキーワード、この一言でブログがバカっぽくなる!

関連記事

  1. コバエ退治に有効な手段とはなにか?

    コバエ退治には何が効果的か?クワガタ・カブトを飼育する人の多くが悩まされている。コバエ退治と…

  2. 福袋に福は入っているのか?

    昆虫福袋、個人的にネット販売での福袋は信用しません。そもそも信用するかしないかの問題では無い…

  3. 月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!

    月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。正直な感想は・・・残念な内容です・・・ビー…

  4. ダイオウヒラタ「はぁ?自分ヒラタっすよぉ?」

    http://youtu.be/A2p1XqU6yb0またまたトンデモ説が飛び出したようです。…

  5. 昆虫ゼリーとカブトムシ

    カブトムシを飼うということ、死を受け入れる覚悟

    。今年もカブトムシの発生時期となりました。昔に比べ随分と少なくなったとはいえ、多くの子供たち…

  6. カブトムシ

    「カブトムシ養殖で儲ける」は嘘!儲かりません!その理由とは?

    おかしな記事を発見しました。毎度おなじみマイナビ系が発信元のようです。試してみたいおもし…

  7. 虫を野に放す理由とは何か?

    先日、このポータルの昆虫ニュースでも配信したニュース"夏に採取したカブトムシやクワガタ。自然…

  8. 【絶叫動画】巨大なタガメに女性が襲われる(襲わせる?)

    タガメの飛翔能力を甘く見てはいけません。タガメは半翅目(はんしもく)に分類され、所謂「カメムシ」…




最新の記事

  1. 加計問題追及の黒川敦彦様、出資金が200倍になるかもしれない発電事業の経過報告が途絶えています
  2. デマ確定か?「核禁止条約への言及懸念で高校生平和大使演説見送り」は外務省のコメントではなかった!
  3. 世田谷のコンビニ前で韓国籍の男が女性を切りつけ、日本人に対する大量虐殺をツイッターで予告
  4. 障害者の受け入れ補助金を搾取した籠池夫妻を擁護する非道、野党4党は犯罪の告白を受けていたのでは?
  5. 玉木雄一郎議員が産経新聞にブチ切れ!何故かアノニマスポストを巻き込み「対策を打つ」と圧力示唆

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP