KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。

      2015/05/29

LINEで送る
Pocket

kabutogeri
今に始まった事ではないが、マイナビニュースのクオリティーが低すぎる。
最近の昆虫に関する記事だけでも、その酷さが分かる。
まずはこれ
「大人のためのクワガタ(成虫)の飼いかた」
(記事削除済)

この記者曰く、
「昔はクワガタのエサといえば砂糖水でしたが、水分が多いものは下痢を起こしやすく寿命が短くなる」
典型的な俗説(デマ)を書いてしまっている。

スポンサーリンク

カブトムシにスイカをあげると下痢になる?

なりません。
変温動物であるカブトムシやクワガタムシの成虫は汗や尿で体温を調節できませんので、分泌や排泄で体温等をコントロールしていません。
同じ変温動物でも固形の餌を摂取する爬虫類や両生類と違い、摂取できる餌は樹液等から液体を毛細管で吸い上げるのみで、常に液状の排泄をし糞と尿の区別はないので当然、固形の糞をしません。
これを「下痢をしている」と誤認、さらにカブトムシが元から短命であることが相まって俗説となっているのでしょう。
この俗説を信じている人は多く、Yahoo知恵袋などではベストアンサーとなることもある。
しかし、昆虫の事を少しで勉強していればこんなデマにはひっかからない。

スイカに含まれる水分量と栄養価のバランスなどを考えた場合、餌としてスイカが昆虫ゼリーに劣るというのは事実かもしれないし、それが寿命に影響していることも否定はできない。
それでも「下痢をする」というのは誤りなのです。

自然下でもカブトムシの主食とされる樹液に全ての個体がありつけるわけではありません。
畑近くの腐葉土で繁殖し、そのまま作物であるスイカや果実に食いつく事も珍しくないのです。

育てた蝶は放蝶が原則?

続いての記事も酷い
「チョウ(幼虫)の飼い方」
(記事削除済)

クワガタの記事と同じ人が書いてるようですが、この記者曰く
「チョウを飼うならば、羽化したあとは放してあげることを前提で、飼うようにしましょう。」
困った人だ・・・

言うまでもないが「逃がさない」が原則です。
その個体が生息している場所、例えば「庭先で捕まえた蝶の幼虫を羽化させそのまま庭先に」っていう条件ならまず問題はないでしょう。
しかし、このへんの境界線(放蝶の是非)は曖昧であるため、原則は逃がさないという方向です。
逃がしてよいとするなら、それ相応の理屈や条件を明示して記事にしなければ誤った捉え方をする読者もいるでしょう。
他所から採集してきた個体を別所へ放蝶するなど論外ですし、それがどの程度生態系に影響するかも、予測も難しい。
詳しくはこの記事を読んで欲しい。
虫を野に放す理由とは何か?

どうしてこんなデタラメな記事に?

取材をしないからでしょう。
マイナビニュースの説明では、各チャンネルに専門の記者がいるらしいですが・・・
どうみてもネットで拾ったネタを繋ぎ合せて記事を書いている。

クワガタの「下痢」など専門の人は書きません。
しかし、一般的なブログなどでは俗説や知恵袋で拾った情報を誤って記載しているので、そこから引用して記事を書いてしまうとこのような事が起こる。

おまけに、もっと酷いのを・・・

マイナビニュースがユニクロのロゴを「QNIULO」という反日デモのときのコラ画像と間違えて掲載
http://getnews.jp/archives/291148

なんということでしょう・・・
目も当てらない。

今回事例として挙げた3件の記事は既に削除されている。
誤りの指摘があれば、即時削除するようだ。
記事へ自信と誇りを持って書いていれば削除せず、訂正記事なり反論なりすれば良いはず。「拾っては書く」という独自性の欠片もないことを繰り返して都合が悪ければ削除すればいいというスタンスか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 , ,

  おすすめ記事

【神業】ティッシュでアゲハチョウの卵から羽化を完全再現!

知らずに見たら本物としか思わないでしょう。 卵から …

no image
クレクレスの新亜種 M.k.kirinumber「キリ番踏みました。なんか下さい。」

目次1 クレクレスの新亜種2 キリ番亜種の再発見と …

自然環境下での巨大オオクワガタ撮影動画と放虫問題

すでに4万回以上再生されているので、どこかで話題に …

ダイオウヒラタ「はぁ?自分ヒラタっすよぉ?」

またまたトンデモ説が飛び出したようです。 なんとダ …

超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上 …

no image
イン VS アウト論争の盲点

インブリード(近親交配)の弊害とはなにか? これら …

no image
奈良オオニュースと業界批判

先日、荷物を整理した際に古い奈良オオニュースが出て …

no image
絶滅昆虫を絶海の孤島で発見!しかも繁殖成功!

絶滅したはずの昆虫が絶海の孤島で再発見され繁殖に成 …

石田純一の出馬会見は参院選「野党共闘」の為に仕組まれた?

きのうの敵は今日も敵第4回「社長になって下さい」 …

【ヘラクレス】エクストリーム蛹室の衝撃【オオカブトムシ】

先月、twitterのフォロワーさんから回ってきて …