山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」でおなじみ保育園落ちた人がまた更新停止


山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」保育園落ちたブログの人がなんかおかしい
※画像の方は「保育園落ちた人」ではありませんが、山尾志桜里議員にもう一度このセリフをぶつけてほしい

民進党の山尾志桜里元政調会長の不倫疑惑報道で、ツイッター界隈はお祭り状態となっていますが、山尾志桜里議員を一躍有名にした「保育園落ちた日本死ね!」のツイッターは更新が止まりお通夜状態だ。しかも最後の更新は、自民党の今井絵理子議員の不倫疑惑から政務活動費詐取事件まで発展し辞職した橋本健氏への批判という、実に味わい深いツイートが最後となっている。
ガソリンプリカ問題の時もそうだが、この人が山尾志桜里議員の疑惑には一切言及しないことは有名。今回もそのパターンと思われたが、どうやらこの「保育園落ちた人」は不倫容認だったようです。
話題となった昨年のブログには、以下のような記述がある。

「不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。」
保育園落ちた日本死ね!!!

なるほど・・・

スポンサーリンク

民進党の不祥事と森友問題には触れない

この「保育園落ちた人」が不倫に寛容なのは良しとしよう。だが、この方には明らかな反自民・反与党という露骨な党派性が見えることから、例の「保育園落ちた日本死ね!」が自民党批判ありきであったという疑念は未だに残る。山尾志桜里議員のガソリンプリカ問題にも不倫問題にも一切触れず、騒動期間はツイッターの更新が止まる。あまりにも露骨である。

主に保育の問題をツイートしているが、自民系議員の不祥事に関してはジャンルを問わず批判を展開している。一方で、森友・加計問題には一切興味がないようで、ツイッター上では言及がない。ただし、森友問題に関しては幼稚園の運営に関わることであったが何故か完全にスルー?理由は解らないが謎である。

例えば、津市で突然の閉園となった際には、


森友学園が運営する塚本幼稚園も事実上の閉演状態で、園児たちは全員が転園せざるをえない状況に陥りましたが、これには言及していません。

さらに、姫路市の子ども園が補助金を水増しした際には、


籠池夫妻は補助金詐欺で逮捕されました。しかも、障害をもつ園児の数を偽装し専属の保育士を水増しするという極めて悪質な事案。保育の問題に関心があれば激怒しそうなものですが、なぜか籠池夫妻には興味なし。

やはり強い党派性により、批判する相手を選んでいるようです。なぜ森友学園の問題に無関心なのかは不明だが、本当に保育問題を考えているなら、塚本幼稚園の園児に関しても言及するはずです。

ちなみに、山尾志桜里議員も森友問題には全く興味がないようでツイッターでの言及数はゼロ、森友追及のデモで登壇しても「共謀罪ガー!」と叫ぶだけで森友問題には言及しないようです。
ようわからん・・・

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?

蓮舫「自民は不倫で議員を辞めたという前例もありますから」←山尾さん不倫は辞職相当らしいですよ蓮舫「自民は不倫で議員を辞めたという前例もありますから」←山尾さん不倫は辞職相当らしいですよ





最近の記事

  1. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  2. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  3. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  4. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  5. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  6. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  7. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  8. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  9. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  10. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP