泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?


泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?

テレビ局の番組制作に協力する「株式会社 泉放送製作」が、各局の報道番組で実権を握り偏向放送をしているというフェイクニュースが流された問題で、発信元であるネットギーク(自称バイラルメディア)が該当記事を6日に削除していることが判明した。アノニマスポスト(ネットの反応まとめサイト)も泉放送製作に関する記事を削除しているが、削除した時期は不明。
ネットギーク記事の魚拓
このフェイクニュースは、自民党の長尾敬衆議院議員が7月12日にツイッターで引用し拡散を求める投稿を行ったが、8月17日に削除し「事実ではないことが多々記されている」として謝罪投稿を行っている。この件を9月4日になって時事通信など複数メディアが報じたため、著名人らがネットギークを引用することへの批判が高まっていた。
参考:【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯

スポンサーリンク

検証されてもフェイクニュースは止まらない

泉放送制作に関するフェイクニュースは、配信当初から「根拠がない」と懐疑的な声もあったが、先述の長尾敬議員らまで拡散し始めたため、当サイトで検証することとなった。検証の結果判明した経緯としては、数年前からあった2ちゃんねるの散発的な投稿や保守系ブログの憶測記事が発端で、それらの情報をネットギークが独自調査記事と見せかけて拡散したことで、真実であるかのように拡散がされていたことが判明した。
【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯
※一部で「リテラの検証」とされていますが大嘘です。1週間後にリテラが盗用して自社配信。
リテラに記事を盗まれた!当サイトの検証結果をリテラ編集部の調査として掲載

この記事は保守層だけでなく、リベラルの著名人にも好意的に引用されたが、一部の熱心なネット保守層は反発してネットギークの擁護を続けていた。ネットギークも記事を削除することも訂正をすることもなかった。しかし、現職の国会議員が引用を削除して謝罪する事態となり、マスコミからも根拠のないデマと認定されたことでネットギークも焦ったのだろう。
ネットギークは過去にも幾度となくフェイクニュースと名誉棄損を繰り返しており、その対象は一般人にも向けられ、家族のプロフィールや写真を無断掲載して中傷することもあった。今回の問題を受けて軌道修正するものと思われるが、すでに手遅れの案件になっているのかも知れない。

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

石嶺市議の自衛隊中傷動画が閲覧制限、琉球新報が他の登壇者の同様発言を取り上げていたことも判明石嶺市議の自衛隊中傷動画が閲覧制限、琉球新報が他の登壇者の同様発言を取り上げていたことも判明

山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」保育園落ちたブログの人がなんかおかしい山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」でおなじみ保育園落ちた人がまた更新停止





最近の記事

  1. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  2. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  3. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  4. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  5. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  6. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」
  7. 立川談四楼、デマで政権叩き「安倍さんは5年半も福島に行ってなかった」今回で18回目の福島訪問でした
  8. 共産党選挙カー無賃駐車問題で地区委員会「そのような事実はない」→投稿者が反論「問い詰められ認めた」
  9. 橋下徹氏「これはアウト」竹山修身選手(堺市長)が1億アップの2億3千万円で更改「恥ずべきとこない」
  10. 反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP