泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?


泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?

テレビ局の番組制作に協力する「株式会社 泉放送製作」が、各局の報道番組で実権を握り偏向放送をしているというフェイクニュースが流された問題で、発信元であるネットギーク(自称バイラルメディア)が該当記事を6日に削除していることが判明した。アノニマスポスト(ネットの反応まとめサイト)も泉放送製作に関する記事を削除しているが、削除した時期は不明。
ネットギーク記事の魚拓
このフェイクニュースは、自民党の長尾敬衆議院議員が7月12日にツイッターで引用し拡散を求める投稿を行ったが、8月17日に削除し「事実ではないことが多々記されている」として謝罪投稿を行っている。この件を9月4日になって時事通信など複数メディアが報じたため、著名人らがネットギークを引用することへの批判が高まっていた。
参考:【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯

スポンサーリンク

検証されてもフェイクニュースは止まらない

泉放送制作に関するフェイクニュースは、配信当初から「根拠がない」と懐疑的な声もあったが、先述の長尾敬議員らまで拡散し始めたため、当サイトで検証することとなった。検証の結果判明した経緯としては、数年前からあった2ちゃんねるの散発的な投稿や保守系ブログの憶測記事が発端で、それらの情報をネットギークが独自調査記事と見せかけて拡散したことで、真実であるかのように拡散がされていたことが判明した。
【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯
※一部で「リテラの検証」とされていますが大嘘です。1週間後にリテラが盗用して自社配信。
リテラに記事を盗まれた!当サイトの検証結果をリテラ編集部の調査として掲載

この記事は保守層だけでなく、リベラルの著名人にも好意的に引用されたが、一部の熱心なネット保守層は反発してネットギークの擁護を続けていた。ネットギークも記事を削除することも訂正をすることもなかった。しかし、現職の国会議員が引用を削除して謝罪する事態となり、マスコミからも根拠のないデマと認定されたことでネットギークも焦ったのだろう。
ネットギークは過去にも幾度となくフェイクニュースと名誉棄損を繰り返しており、その対象は一般人にも向けられ、家族のプロフィールや写真を無断掲載して中傷することもあった。今回の問題を受けて軌道修正するものと思われるが、すでに手遅れの案件になっているのかも知れない。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

石嶺市議の自衛隊中傷動画が閲覧制限、琉球新報が他の登壇者の同様発言を取り上げていたことも判明石嶺市議の自衛隊中傷動画が閲覧制限、琉球新報が他の登壇者の同様発言を取り上げていたことも判明

山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」保育園落ちたブログの人がなんかおかしい山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」でおなじみ保育園落ちた人がまた更新停止





最近の記事

  1. 室井佑月ら左翼がデマ拡散「日本政府が日の丸マスクを配布」→毎日新聞の印象操作でした!町山智浩氏は謝罪して撤回
  2. そうでしたっけ?フフフ れいわ新選組・太田和美の事務所ポスターが「ピンクビラ」みたいだと話題に
  3. 沼津市のラブライブ観光PRを嘲笑した共産党・かわの祥子さんがツイッター投稿削除→炎上やまずアカウントに鍵
  4. お宝動画発掘!あの福島瑞穂さんがキレッキレのダンシングクイーンだったことを君たちは知っているか?
  5. やっぱり捏造だった→朝日新聞の『米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に』こっそりお詫びと訂正
  6. 動画検証!福島瑞穂「帰れ!と大声で罵る茂木大臣。パワハラそのもの」→野党のヤジから官僚を助けたシーンをカット編集、悪質な印象操作
  7. やったぜ!立憲民主党公式「内閣支持率:続落26%」→残念!2017年の記事でした、有田芳生さんも釣られて投稿
  8. 今井雅人さん森法務大臣の本を掲げ愛を叫ぶ「そのあなた!どこ行っちゃったんですか!」大臣「胸が痛かったです」
  9. 蓮舫さん「匿名で自民党幹部がANAホテルを使わないと公言した」←匿名なのに公言とはこれ如何に?
  10. KSLマガジンvol.9 辻元清美議員の「忘年会で買収疑惑」は誤報!桜を見る会追及ロジックと同じ構図



最近の投稿

PAGE TOP