泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?


泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?

テレビ局の番組制作に協力する「株式会社 泉放送製作」が、各局の報道番組で実権を握り偏向放送をしているというフェイクニュースが流された問題で、発信元であるネットギーク(自称バイラルメディア)が該当記事を6日に削除していることが判明した。アノニマスポスト(ネットの反応まとめサイト)も泉放送製作に関する記事を削除しているが、削除した時期は不明。
ネットギーク記事の魚拓
このフェイクニュースは、自民党の長尾敬衆議院議員が7月12日にツイッターで引用し拡散を求める投稿を行ったが、8月17日に削除し「事実ではないことが多々記されている」として謝罪投稿を行っている。この件を9月4日になって時事通信など複数メディアが報じたため、著名人らがネットギークを引用することへの批判が高まっていた。
参考:【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯

スポンサーリンク

検証されてもフェイクニュースは止まらない

泉放送制作に関するフェイクニュースは、配信当初から「根拠がない」と懐疑的な声もあったが、先述の長尾敬議員らまで拡散し始めたため、当サイトで検証することとなった。検証の結果判明した経緯としては、数年前からあった2ちゃんねるの散発的な投稿や保守系ブログの憶測記事が発端で、それらの情報をネットギークが独自調査記事と見せかけて拡散したことで、真実であるかのように拡散がされていたことが判明した。
【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯
※一部で「リテラの検証」とされていますが大嘘です。1週間後にリテラが盗用して自社配信。
リテラに記事を盗まれた!当サイトの検証結果をリテラ編集部の調査として掲載

この記事は保守層だけでなく、リベラルの著名人にも好意的に引用されたが、一部の熱心なネット保守層は反発してネットギークの擁護を続けていた。ネットギークも記事を削除することも訂正をすることもなかった。しかし、現職の国会議員が引用を削除して謝罪する事態となり、マスコミからも根拠のないデマと認定されたことでネットギークも焦ったのだろう。
ネットギークは過去にも幾度となくフェイクニュースと名誉棄損を繰り返しており、その対象は一般人にも向けられ、家族のプロフィールや写真を無断掲載して中傷することもあった。今回の問題を受けて軌道修正するものと思われるが、すでに手遅れの案件になっているのかも知れない。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

石嶺市議の自衛隊中傷動画が閲覧制限、琉球新報が他の登壇者の同様発言を取り上げていたことも判明石嶺市議の自衛隊中傷動画が閲覧制限、琉球新報が他の登壇者の同様発言を取り上げていたことも判明

山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」保育園落ちたブログの人がなんかおかしい山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」でおなじみ保育園落ちた人がまた更新停止




最近の記事

  1. 【検証】琉球新報『嫌中、嫌韓と同様に「嫌沖」と言われる沖縄ヘイト』←嫌沖がいつから使われ始めたのか調べてみた
  2. テレ朝報道局長が世耕氏に謝罪→ラサール石井「普通なら喋っちゃいけない案件」→国会内なので秘密にはできません
  3. 嘘つき!原口一博「衆参17の委員会は桜を見る会の審議などしてない」国会議事録では35の委員会で桜を見る会発言
  4. 野口健さん「僕の表現も大人げなかったのかも」グレタさんの電車移動に「馬車でご移動されてるのかと」投稿が物議
  5. 柚木みちよし議員がテレ朝の捏造を応援「報ステひるむ必要全くなし!」→足立康史議員「酷いツイートだな。総務委員会で取り上げる」
  6. 蓮舫のデマ投稿に世耕氏が削除要請→蓮舫「大学生の時から報道を教わった。今こそフェイクを見分ける力が求められる」いいから消せ!
  7. 記者「桜という漢字について」菅官房長官「見たくも聞きたくもないw」次の質問へ「はい、桜じゃないでしょうねw」
  8. 報道ステーションが番組内で謝罪 世耕氏の発言つなぎ合わせ「説明が十分でなかった」テレ朝報道局長が直接謝罪も
  9. https://ksl-live.com/blog28228
  10. 森ゆうこ議員に大麻売人から政治献金!沖縄県の高校生らに大麻を流した福岡県宇美町の町議、選挙では森氏から為書も



最近の投稿

PAGE TOP