共産党・不破哲三の豪邸とされた写真→善養寺の影向殿でした

SNS



 日本共産党で現在も実権を握っていると言われる不破哲三・元委員長の豪邸とされる写真が出回っている。3月9日にツイッター上に投稿されたものであるが、結論から言うとデマだ。
 どうみても神社や寺院で、入り口に門塀も無く参拝者用のベンチも確認できる。


名所でもある善養寺の影向殿

 類似画像を検索すると大量に寺院の写真がヒットし、この建物の造りが寺院であることがわかる。すでにリプライで指摘されているが、この写真は善養寺(江戸川区)の影向殿である。

 境内には国の天然記念物「影向のマツ」がある名所だ。不破哲三の豪邸に関しては選挙特番で取り上げられた写真が以前から出回っているが、こちらが本物だ。

 今回の写真は見るからに偽物であったが、これを愛国保守を名乗る人たちが拡散しているのは嘆かわしい。投稿者のプロフィールには「政治 経済 軍事 哲学 宗教について呟きます」と書いてあるが、寺院と民家の違いも分からずに宗教が語れるのだろうか。

※画像の出元はグーグルで「不破哲三の豪邸」で検索して上位に表示されるブログらしい。しかしブログ記事には該当の記事にはなくグーグル検索結果に表示されるだけ

関連:共産党に飲酒・買収・接待のトリプルコンボブーメラン!市議が20時以降に飲食店でビール、公選法違反の見舞金まで持参
関連:共産党の怖さが詰まったツイート!集団リンチを肯定する「無謬の党」に民主主義を語る資格無し【マガジン86号】

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で