蓮舫「自民は不倫で議員を辞めたという前例もありますから」←山尾さん不倫は辞職相当らしいですよ


蓮舫「自民は不倫で議員を辞めたという前例もありますから」←山尾さん不倫は辞職相当らしいですよ

7日、山尾志桜里衆議院議員は民進党に離党届を提出し、会見を行った。会見では不倫を否定する原稿を読み上げただけで、記者の質問を無視して逃げるように会場を後にした。
これでは、疑わしきは罰する蓮舫前代表が許してはくれないでしょう。
蓮舫さんはとくに不倫には厳しいお方なので、議員の不倫は辞職に値するとおっしゃってます。

自民党には、奥様が出産して里帰りをしている間に不倫をされて(議員を)お辞めになられたという前例もありますから、そういう前例をよく考えていただいて、みずから判断されるべき事態だと思っております。
出典:蓮舫代表記者会見2017年4月20日(木) – 民進党

この理屈を山尾志桜里議員にも適応するのが筋だろう。

スポンサーリンク

不倫する議員に国民の代弁は出来ない

蓮舫議員の発言は、まだ代表だったころの4月20日の定例会見で記者の質問に答えたもの。当時、自民党の中川秀直議員の不倫問題に関し、宮崎健介元衆議院議員が議員辞職した事例をあげ、政務次官を辞任しただけでは済まされないと答えた。その他にも不倫問題に関していくつかの質問を受け、いずれも厳しい見解を示している。

 報道の中には、奥様ががんで闘病中という記述もありました。(不倫相手と)結婚式を挙げたという写真がありました。これはどういうことなのか。
 あるいは、ストーカー疑惑で警察から職務質問されたという記述もありました。本当なのでしょうか。国会議員という以前に人としておかしいと、私は率直に申し上げざるを得ません。フェイスブックのコメントだけで、きれいごとだけで、そして政務官を辞任しただけで終わらせる話ではないと、重要視しております。自民党には、奥様が出産して里帰りをしている間に不倫をされて(議員を)お辞めになられたという前例もありますから、そういう前例をよく考えていただいて、みずから判断されるべき事態だと思っております。

 ただ、中川議員の今回報道される内容については、多くの女性、あるいは女性ならずとも心を持っている人であれば、この人が議員として国民を代弁できる立場にあるとはとても思えないと、そういう考えを抱くと思います。

出典:蓮舫代表記者会見2017年4月20日(木) – 民進党

山尾志桜里議員は、あらかじめ用意しておいた原稿を会見で読み上げ、文春の不倫報道を一方的に否定している。それでいて、記者の質問には一切答えず会見場から脱兎の如く逃げた。民進党は、蓮舫前代表が示した厳しい見解に従って、お得意の「説明責任」「辞職」を求めるべきだろう。

関連:山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」でおなじみ保育園落ちた人がまた更新停止

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」保育園落ちたブログの人がなんかおかしい山尾不倫疑惑「不倫してもいいから保育園増やせよ」でおなじみ保育園落ちた人がまた更新停止

山尾志桜里の不倫疑惑に保育園落ちた人が渋々言及「不倫より待機児童を」やんわり擁護が見苦しい山尾志桜里の不倫疑惑に保育園落ちた人が渋々言及、野党の不倫は許すが与党の不倫は許さない方針





最近の記事

  1. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  2. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  3. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  4. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  5. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  6. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  7. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  8. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・
  9. 蓮舫と矛盾?立憲・長妻昭「国民全員が年金だけで生活できるということではない」反町理「えっ!?(政府と)違いがない?」
  10.  2018年10月6日午後6時頃、広田被告は運転するSUVで市内の無職男性(69)をはね、道路下の側溝に転落させたが救護をせず逃走。翌日の7日午後5時37分ごろに側溝に頭を突っ込んでうつぶせになって死亡しているのが見つかった。



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP