東京新聞・佐藤圭記者が自分の暴言投稿をこっそり削除して→「俺は麻生の妄言・暴言を徹底的に批判した」


東京新聞の佐藤圭記者は、麻生太郎副総理が20日「武装難民」に再言及したことに対し「 俺は、この妄言・暴言を東京新聞特報面で大々的、徹底的に批判したからね。日本国民は、こんな人物が副総理を務める政権を信任するのか。もう勝手にしろ、と言いたい。」と激しく非難した。

しかし、佐藤圭記者は麻生太郎副総裁の発言を批判する一方で、自民党の保岡興治議員(当時)が膵臓がん治療優先で不出馬を選択したことに対し「党内から突き付けられた強烈な安倍改憲ノーのメッセージ」と投稿して炎上した8日の投稿をこっそり削除していることが判明した。
参考:東京新聞・佐藤圭の炎上で時事通信が慌ててタイトルを変更?自民・保岡氏の膵臓がん治療による不出馬報道
他社の発言を厳しく非難する一方で、自身の問題発言は無かった事にする。もし、これが東京新聞の社内指示による削除なら謝罪と説明をするべきである。

スポンサーリンク

保岡氏の後継は落選、佐藤圭は沈黙

佐藤圭記者が謝罪もなく削除した投稿は以下
時事通信慌ててタイトル変更?東京新聞の佐藤圭が自民・保岡氏の膵臓がん治療を政権批判に利用し大炎上!
削除の時期は22日の衆院選投開票の直後から翌日と思われる。選挙中は徹底した反自民・反安倍の投稿を行い、立憲民主党を持ち上げていたが、投票日前日を最後にツイッターの投稿が停止している。投稿は無いものの、都合の悪い過去の投稿を削除しているので忙しいわけではなさそうだ。
佐藤圭ツイッター

一方で、佐藤圭記者に膵臓がん治療の覚悟を政権批判に利用された保岡興治氏の後継、長男の保岡宏武氏は惜敗率97.6%という僅差で落選。比例重複ではなかったため復活も叶わなかった。
膵臓がんと闘う父の遺志を受け継ぎ、比例重複なしの背水の陣で挑んだ保岡宏武氏に対し、佐藤圭記者は非礼を詫びることもなければ、ねぎらいの言葉もない。
ただ無責任に投稿を削除して逃げただけだ。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件

日本共産党は有権者の票を無視して党内序列で国会議員を決める、戦わず当選した志位和夫の独裁体制が継続衆院選で際立った日本共産党の独裁!選挙で戦わず党内序列で国会議員を選ぶ非民主的体質と志位長期政権





最近の記事

  1. 後藤田正純議員、FBの画像流出で危機感「閲覧許可してないものまで流出となるとこれは大変なことに!」
  2. 【立憲民主党】韓国徴用工判決に反発した候補の公認を取り消し 嫌韓ヘイトとの批判を受け本人が辞退か?
  3. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  4. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  5. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  6. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  7. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  8. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  9. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  10. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP