日本赤軍を支援か?左翼紙社長を逮捕!不当逮捕との声が上がるがテロリスト支援基金の存在が明らかに


日本赤軍を支援か?左翼紙社長を逮捕!不当逮捕との声が上がるがテロリスト支援基金の存在が明らかに

福岡県警公開の国際指名手配中の日本赤軍

自分名義の口座を第三者に使用させる目的で開設したとして、左翼系新聞「人民新聞社」の社長、山田洋一容疑者が逮捕された。
不正に開設された口座は、国際指名手配中のテロリスト岡本公三容疑者(日本赤軍)を支援する団体が使用しており、岡本公三容疑者の亡命先であるレバノンで全額が引き出されていたとのこと。
出典:レバノンの日本赤軍支援か 口座不正開設容疑で左翼紙社長を逮捕 兵庫県警 – 産経WEST

人民新聞社社長の逮捕を受けて早速、左翼界隈から「不当逮捕」「弾圧」との声が上がっており、森友学園を最初に取り上げた木村真豊中市議も抗議している。しかし、テロリストである岡本公三容疑者への資金援助は公然と行われており、第三者である支援団体とレバノン側の人物によって銀行口座が使用されていたのであれば逮捕は当然である。

スポンサーリンク

政界、メディア関係者も芋づる式か?

岡本公三容疑者は日本赤軍のメンバー(解散宣言済)で、テルアビブ空港乱射事件で26名を殺害した実行犯である。このような人物を公然と支援することが許されていたことが不思議でならない。

ツイッターでは「岡本公三基金」の存在を指摘する投稿も見られる。

実際に岡本公三の支援は行われており、今回の事件の舞台となった「人民新聞社」もそれを記事にしている。
岡本基金の創設に協力を!

残忍なテロリストの支援目的で、不正に開設された口座の存在が明らかになれば逮捕は当然のことであるが、この逮捕を「不当逮捕」「でっち上げ」と騒ぎ抗議行動を呼び掛けているのが、森友問題を最初に取り上げた木村真市議なのである。

日本赤軍を支援か?左翼紙社長を逮捕!不当逮捕との声が上がるがテロリスト支援基金の存在が明らかに
※記事公開後に木村市議が抗議行動を予告、記事の一部を書き換えています。

木村真市議は、森友問題を調査するきっかけを「極右の森友を潰したかっただけ」と証言する動画が残っており、強い左翼思想で右翼・保守に対する攻撃の姿勢が鮮明な人物である。
動画流出!木村市議「極右の森友潰したかった」福島瑞穂と辻元清美元秘書も立会い

木村市議に限らず、TBSキャスターの金平茂紀氏もテロリストにシンパシーを感じているようで、政界やメディア関係者にもこのような人物は多数いるものと思われる。
なぜかTBS金平茂紀が憤慨、連続企業爆破事件の大道寺死刑囚が死亡

過去、日本国内潜伏中の日本赤軍メンバーが逮捕された際に、武力革命を目的とした団体が社会民主党との連携を計画していた書類も発見されている。その時は「知らなかった」で済んだようだが、今回も上手くいくとは限らない。
今回の逮捕で、残忍なテロリストを支援していた人物が明るみになることを期待したい。

続報:社民党議員が日本赤軍支援口座開設の容疑者釈放を求める、過去には赤軍幹部の関係先として区議が家宅捜索

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日女性記者「憲法が公布され女性参政権につながったこの日、私は初めて男子トイレに入り便器を磨いた」朝日記者「憲法が公布され女性参政権につながったこの日、私は男子トイレに入り便器を磨いた」の謎が判明

速報!野党終了か?森友の設置趣意書に安倍晋三記念小学院の名称は無かった?和田政宗議員がコピーを公開速報!野党終了か?森友の設置趣意書に安倍晋三記念小学院の名称は無かった?和田政宗議員がコピーを公開





最近の記事

  1. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  2. 【パワハラ動画】山本太郎が国会審議中に官僚を恫喝!答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのかって!」
  3. 立憲民主党・山崎議員が不適切投稿「自衛隊を海外に派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護しない」削除して謝罪
  4. 毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」
  5. ファーウェイに激震!Google Play Store、Gmail、YouTubeなどへのアクセスが不可能に
  6. 公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用
  7. 徹底解説!政府が朝鮮総連を破防法に基づく調査対象団体と閣議決定→ただし「適用団体に」はフェイクニュースである
  8. twitterカードに表示される画像・タイトル情報を変更する方法、間違った投稿や更新時に素早く対応
  9. 蓮舫が首相と芸能人の面会に苦言「中身の政策を伝えない」←立民の芸能人枠代表が蓮舫でボイパのおっくん、現役アナ、筆談ホステスを擁立してますが?
  10. 高須院長「告訴状完成なう」小西ひろゆき議員は禁断の一手へ「悪徳弁護士による被害には、弁護士の懲戒請求ができます」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP