毎日新聞記者がリンチ事件加害のしばき隊関係者らと飲食や隠蔽声かけリストに名前、出版社から公開質問状


毎日新聞記者へリンチ事件に関する公開質問状、加害のしばき隊関係者らと飲食や隠ぺい声かけリストに名前

高島章弁護士が2016年に公開した被害者の受傷直後の写真

しばき隊関係者による「大学院生M君リンチ事件」とは、1名の大学院生の顔面を1時間以上も激しく殴打し鼻骨骨折・頸椎挫傷の負傷を負わせ、暴行中も関係者は飲食店内で酒盛りを継続、被害者を真冬の屋外に放置したまま帰宅するという陰惨で卑劣極まりない事件だ。この事件を書籍化した鹿砦社(兵庫県西宮市)は毎日新聞の後藤由耶(ごとう よしや)記者に対する公開質問状をホームページで掲示した。
毎日新聞・後藤由耶(ごとう よしや)記者への公開質問状 : デジタル鹿砦社通信
公開質問のきっかけとなったのは、被害者M君が李信恵ら5名に対してリンチ事件の損害賠償を求めた裁判の本人尋問が行われた2日後の12月13日、毎日新聞の後藤由耶記者が被告の李信恵氏やリンチ事件主犯のエル金氏らと飲み会を開いている様子が李信恵氏のフェイスブックに公開されたことだ。
※写真は公開質問状に添付

スポンサーリンク

問われる毎日新聞の報道姿勢

これまで毎日新聞は、李信恵氏が差別的な誹謗中傷を受けたとして損害賠償を請求した別の訴訟に関しては、好意的かつ積極的に報じてきた。
大阪高裁:「人種差別と女性差別との複合差別」在特会敗訴 – 毎日新聞
しかし、M君のリンチ事件に関しては一切報じる様子もなかった。それどころか加害者側が事実無根の内容を含めて作成した、口裏合わせと隠蔽工作ととれる「説明テンプレ」の声かけリストに毎日新聞の後藤由耶記者の名前が掲載されていたのだ。
※説明テンプレは公開質問状に添付
ここで実際に加害者側からのコンタクトがあり、この説明テンプレ通りの認識を共有していたかが問題で、鹿砦社からは以下のような質問がなされている。

[問3] あなたが李信恵氏とともに会食していた「エル金」氏は、「M君リンチ事件」の主犯です。それにとどまることなく、伊藤健一郎氏とともに事件後水面下で「説明テンプレ」を作成。被害者であるM君を「M氏の異常性」などと事実無根の誹謗中傷を並べ、「差別加害者」とでっち上げて自らの保身と犯行の正当化、事件の隠蔽をもはかった人物です。「エル金」氏らがこの「説明テンプレ」を広く吹聴し、共有と賛同を図った人々を示すものリストが「声かけリスト」です。「声かけリスト」の中には、あなたの名前も入っています。あなたには「声かけ」がありましたか? あったのであればどなたからですか? 本年12月13日も「エル金」氏と酒食を共にしていたのは、あなたのところにも「声かけ」があったからなのですか?
出典:毎日新聞・後藤由耶(ごとう よしや)記者への公開質問状 : デジタル鹿砦社通信

この質問では毎日新聞の報道姿勢が問われている。これに回答拒否をするようでは、ジャーナリズムを放棄したも同然であり、思想信条以前に毎日新聞の「正義」を否定することになるだろう。

一人の若者が顔の形が変わるほどに殴打され、鼻骨を骨折し流血したまま屋外に放置された。しかも加害者らは事件後の謝罪と自粛の約束を反故にして被害者を執拗に中傷、加害者を擁護する「#エル金は友達」というツイッターハッシュタグを共有して被害者を精神的に追い詰めたのだ。
絶えず起こる事件事故の中で、なにを報じるかは社としての判断もあるだろうが、同社の記者が加害者・被告らと親密に飲食をしていたとあっては説明する責任が生じた言えるだろう。

毎日新聞は誠意ある対応を行い、以降は被害者が不安になるような振る舞いを厳に慎しむべきだ。今回の「飲み会写真」は、犯罪被害者にとってマスコミ不審に留まらず絶望であったと言わざるを得ない。

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

はあちゅう「世の中童貞ブームだった」女性のセクハラは「みんなやってる」で許される#metooの欺瞞はあちゅう「世の中童貞ブームだった」女性のセクハラは「みんなやってる」で許される#metooの欺瞞

女児強制猥褻の民進党・小川勝也参院議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶女児強制猥褻の民進・小川勝也議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶





最近の記事

  1. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  2. 【パワハラ動画】山本太郎が国会審議中に官僚を恫喝!答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのかって!」
  3. 立憲民主党・山崎議員が不適切投稿「自衛隊を海外に派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護しない」削除して謝罪
  4. 毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」
  5. ファーウェイに激震!Google Play Store、Gmail、YouTubeなどへのアクセスが不可能に
  6. 公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用
  7. 徹底解説!政府が朝鮮総連を破防法に基づく調査対象団体と閣議決定→ただし「適用団体に」はフェイクニュースである
  8. twitterカードに表示される画像・タイトル情報を変更する方法、間違った投稿や更新時に素早く対応
  9. 蓮舫が首相と芸能人の面会に苦言「中身の政策を伝えない」←立民の芸能人枠代表が蓮舫でボイパのおっくん、現役アナ、筆談ホステスを擁立してますが?
  10. 高須院長「告訴状完成なう」小西ひろゆき議員は禁断の一手へ「悪徳弁護士による被害には、弁護士の懲戒請求ができます」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP